人気銘柄で短期間に儲けようとする不勉強な投資家たち
金融リテラシーを高める教育ができるのはバイサイド
JAIIセミナーレポート理事鼎談

2月25日に開かれた日本個人投資家協会創立20周年記念セミナーのレポート、最終回は理事3人による鼎談「これからの10年・大局を読む」です。

岡部陽二副理事長(中央)、木村喜由理事(左)、大井幸子理事(右)が、生き残る投資家の極意は?金融リテラシーをどう高めるか?意見をぶつけあいました。個人投資家が集い、証券界にモノ申す日本個人投資家協会の意義が改めて浮かび上がった鼎談の一部分をテキストでお届けします。動画でもどうぞ!

20150225seminar (3)

生き残る投資家とは?

木村 損する人がどういうパターンかというと、安易に流れる人。短期間、人気銘柄、不勉強。その逆をすればいい。

自分で買う銘柄はディープバリューばかり。四季報を調べて、会社に電話することをまめにやっている。業績が悪くなったら、恥ずかしがらず、勇気を振り絞って直接聞くことだ。そこを乗り越えていかないと成功には近づかない。あとは忍耐。ローマは一日してならずというが、投資は成果が出るまでの我慢比べだ。

大井 さまざまな運用者を見てきたが、年に50~60%上がる人もいるが、2,3年で立ち直れないほどの打撃を受けたりする。2,3年ではなく、5,6年から10年かけて、どこまで増やしたいのか目標があった方がいい。今のFXなどは丁か半かであまりに投機的だ。

私が知っている投資家はコツコツ型、バリュー型。自分なりの計算手法を持っていて、適当なバリューまで来るのを待っている。そういう銘柄を25ぐらい持っている。それらの銘柄は相場との関係性がほとんどない。だから乱高下しても影響を受けない。相場から離れたところに自分を置いている。つまり、皆が買っている、とか人気銘柄はこれ、というのにだまされず、距離を置いている。

人間はラクをするようにできている。でも、〝ラクして儲ける〟からは離れないと、株を客観的に見られない。すぐ儲けられるのは堕落に通じる。

コツコツ稼いで、年8~10%で満足するのを10年続けると2倍になる。自分が投資したものが下がったりすることはあるが、そのときは目をつぶって死んだふりをする。キーキーすると疲れるから、まぁいいやと。自分と喧嘩しないことだ。

岡部 よく勉強して、コツコツというのに異論はない。でも証券投資にはリスクをとる勇気が必要だというのも長谷川慶太郎理事長が言う通りだ。よく日本人は農耕民族でリスクをとらず、欧米は狩猟民族だからリスクをとるという。だが、それが日本人の独自性だというのは間違っているともいう。問題はリテラシーだ。どのような教育を受けたのかが問題だ。

金融リテラシーをいかに高めるか 

岡部 金融リテラシーの問題の1つは、教育するのがどんな立場なのか。セルサイドに教育はできないことだ。バイサイドがやらなければならないが、そういったエージェントがいないことが問題だ。保険でもそうだが、日本では客の立場で行動するエージェントが成り立っていない。

大井 米国では投資家が強いが、日本ではセルサイドが圧倒的に強い。米国ではロックフェラーなど巨万の富を築いた人々が財団を作り、永続的にお金を増やしながら慈善活動で社会還元を行っている。選ばれたヘッジファンドが運用手法を開発し、そこに機関投資家は後から入ってくる。日本ではなぜ投資家のために投資商品が作られないのか。投資家がこういう商品がほしいと声を上げて、作ってもらえばいい。

製造業と金融業の違いで、トヨタの車で事故が起これば、メーカーの責任が問われるが、金融では自己責任で、買った方が悪い、となってしまう。目利き力というか検証する能力に関して、投資家が守られていない。

セルサイドが圧倒的に強いから信用するのではなく、その立場を使って私から何を得ようとしているのかを考えてつきあうことが重要だ。何かを勧めてくるのにはウラがある。今、私がこの銘柄を売ったら営業マンがどれだけ成績が上がるのか。どうやって営業マンを利用すれば自分のポートフォリオが増えるのか、主体的になって使いこなすことだ。

企業年金は確定拠出に移行し、自分でリスクを考えて運用する方向に向かっている。しかし、明日から確定拠出年金になったと言われても、どうやって資産を守ればいいのかよくわからない。相談先として挙げられるファイナンシャルプランナーも、信託や生保に所属していて、それぞれの商品を勉強してから派遣されている。本当のところ、どのような知識を持てば資産を守れるかがすっぽり抜けている。

木村 日米で証券投資に対するスタンスが違うのはなぜか。ビジネスへの社会全体の取り組みが違う点もあるが、やはり証券会社のふるまいが悪かった。回転売買をさせていたり、必ずしも投資価値に沿っていない銘柄で商売していた。

顧客をだます証券会社にはペナルティーとして、退場だけではなく関与した人間の資産を巻き上げることも必要ではないか。

投資家にも、世の中こんな悪いやつがいるということを知らせなければならない。オレオレ詐欺でもどうしてこんなにだまされるのか思うが、お金に対するリテラシーが出来ていない。義務教育から始めて、社会人になったら、預貯金と並行して株式投資という流れがいいのではないか。個人金融資産の半分は証券投資になっていくのが正しい姿だと思う。

残念ながら一般の方は証券リテラシー、知識が身になっていない。新聞や雑誌で目立つ銘柄にとびつく。賑わったら買って、急落のなかで損している。正しい銘柄選択のためには、企業の価値を勉強し、人気が過熱しているのか冷え込んでいるのかをきちっと見極めなければならない。

物事はなんでも見返りのあるものには、それなりのリスクがある。そこを明確に勉強して、利益をえるためには自分から動かなければならない。その枠組みをきちんとサポートしてくれるようなことを金融行政にはやっていただきたい。

(創立20周年セミナーレポートは5回目の今回で終わります)

関連記事

損する前にこれを読め!
証券会社の営業トーク「本音と建前」
『野村証券の悪を許さない』

ジャイコミ編集部 証券会社の営業担当者の口説き文句とはどういうものだろうか。 近著だと『野村証券

記事を読む

東京金融取引所と合同セミナーを開催しました

今年で3回目となる東京金融取引所との合同セミナーを10月8日、同取引所内の大会議室で開催しました。

記事を読む

こんな金融商品にご用心
投信のトータルリターン通知始まる
消費者に不利な約款は無効

楠本 くに代 金融消費者問題研究所代表 現在、金融取引関連の法制度が激しく動いています。 消

記事を読む

損する前にこれを読め!
実録 投資セミナーに行ってみた!!
~クラウドファンディング編②~
“銀行に近い感覚”で預けてはいけない

ジャイコミ編集部 投資セミナーに行けば、販売会社がどんな投資商品を売りたがっているのか、どのような

記事を読む

調達額60億円!壮大過ぎるカルダノADA
実録・投資セミナー 仮想通貨編【下の㊤】

ジャイコミ編集部 投資セミナーに行けば、販売会社がどんな投資商品を売りたがっているのか、どのような

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

投資歴40年のベテラン投資家等による
他には無い、生涯の資産運用に役立つ、
本物の投資家によるマーケット情報!

投資家・経営者・業界のプロ達も読む
(有料記事の執筆者紹介はこちら)

ジャイコミをフォローしよう


ジャイコミをフォローしよう
 


メディアとは異なり、利害関係が無いNPOだからできる唯一の中立な情報サイト
『真の情報を、数多くの人々に広める』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑