「 有料記事 」 一覧

【初~上級者向き】 個別開示で投資リターンは向上するか

2017/04/03 | 有料記事

スチュワードシップ・コード(機関投資家の行動指針)を議論してきた金融庁の有識者検討会(座長=神作裕之・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は3月22日、同コードの改定案をまとめた。①議決権行使結果の個別開示②パッシブ運用の投資家の役割強化③機関投資家のガバナンス体制の整備――などが柱だ。投資リターンの向上につながるだろうか。 現在、機関投資家の多くは株主総会での議決権行使結果を、議案の主な種

続きを見る

【上級者向き】ドカドカ売っている外国人

年初から5%円高に外国人売り3兆円、それでも下がらなかったのは健闘の部類 木曜日は前週の投資主体別売買動向の発表日。通常は証券会社からの報告を集計する東証発表分を用いるが、外国人について市場外やオフショアのものを含めより厳密に見たいときは8時50分に発表される財務省のものが優れている。ただ、東証分では自己に分類される外資系証券の売買も込みになっているから、その分の配慮は必要だ。しかし年間を通した

続きを見る

【初~上級者向き】 幸田昌則の不動産耳より情報<2017年4月号>

最近の話題 先日、今年の公示地価が国土交通省から発表された。住宅地の全国平均が、9年ぶりに上昇に転じ、商業地についても、2年連続で上昇した。 しかし、地域や個別の地点間の格差が一段と鮮明になっている。3大都市圏や札幌・仙台・広島・福岡など、地方中枢都市の上昇が目立ったが、その他の地方圏では下落傾向が続いている。 個別地点では、駅に近く、通勤や買い物に便利な徒歩圏内は上昇したが、駅から離れた不

続きを見る

【上級者向き】築地市場存続はありえない

老朽化進んで衛生、安全面は最悪、都は風評被害を恐れ事実を隠していた 2003年以来筆者は築地市場の近所に住んでいる。04年から6年間は隅田川対岸の高層賃貸マンション、その後は銀座寄り晴海通り沿いの大型オフィスビル上層の住居部に7年住んでいる。近所で買い物や外食をすれば自然に付近の商店主や市場出入りの板前や寿司職人と親しくなるし、交通渋滞も目の当たりにしている。利害対立も含め、地元のことだから移転

続きを見る

【上級者向き】張り子のトランプ、アベのリスク

財務省理財局の「暴走」の背後に政治家はいなかったか まずは昨日の籠池氏証人喚問の論評から。もちろん筆者はメディア報道以上の証拠を持っているわけではないから、客観情勢から極めて濃厚と考えられる事実関係を推測したに過ぎないが、それなりにポイントを突けるよう考えてみた。 肝心なポイントは3-4点に絞られると思う。安倍首相夫人は森友学園側に100万円寄付したのか。森友学園の小学校新設許可の後押しを

続きを見る

【上級者向き】不細工なトランプ政権の姿を嫌気

過剰なトランプ改革への期待が剥落しただけ、恐るるに足らず 昨夕からきな臭い動きが始まっていた。中国で複数の中小金融機関が短期資金の返済不能に陥ったということで、人民銀行が相当規模の流動性供給を行ったということである。ひょっとして不動産バブル崩壊が始まったかと身構えたが、市場の動きから見るとそれほど深刻な事態ではなかったようである。 下げが本格化したのは米国株式市場がオープンしてから。ダウは

続きを見る

【上級者向き】 順当なFOMC、年内はこんなパターンが続きそう

FRB委員の見解が収斂しており年内あと2回の利上げ 早朝の米国FOMCも、ほぼ正午に発表された日銀政策決定会合も、結果はほとんどの市場参加者が予想した通りの結果で、この点では大きな波乱はなかった。しかしここ4週間ほどのうちに、米国の今年中の利上げ回数予想の平均値が2.5から3.5に切り上がっていく過程で、短期筋のポジションが各方面で積み上がっており、FOMCの後で発表された「ドットチャート(16

続きを見る

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

投資歴40年のベテラン投資家等による
他には無い、生涯の資産運用に役立つ、
本物の投資家によるマーケット情報!

投資家・経営者・業界のプロ達も読む
(有料記事の執筆者紹介はこちら)

ジャイコミをフォローしよう


ジャイコミをフォローしよう
 


メディアとは異なり、利害関係が無いNPOだからできる唯一の中立な情報サイト
『真の情報を、数多くの人々に広める』
PAGE TOP ↑