映画「天井桟敷の人々」と「脱炭素」という誤りのために消費税20%に当る負担を負うわが国。そしてバフェットの買った商社株(第1105回)

「天井桟敷の人々」は、映画史上屈指の名作の一本。高校時代に観た時の感動は忘れない。

私が最近知り合ったファンの方に、ブログにフランス映画の取り上げが少ない、と言われた。

 また、先日NHKのBS放送で放映していたので取り上げることにした。

 お話はパントマイム役者のバチスト(ジャン・ルイ・バロー)と、美女ガランス(アルレッティ)が

好き合っていても一緒になれない。まさに悲恋ものである。

 ガランスが「恋なんて簡単よ」といつて、身を任せようとする瞬間、バチストが気後れして部屋

から出て行ってしまう。

  これが悲劇のもと。誤りに違いない。

  世界中が今狂奔している「脱炭素」が誤りである、と早くから指摘している碩学がおられる。

 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹杉山大志さんである。

 私は近著「2022 日本の行方−革命前夜・脱炭素でインフレに向う日本」でお世話になった。

 杉山さんは近刊の「文藝春秋」に「中国依存の脱炭素は愚かだ」という素晴らしい論文

を寄稿されている。

 今回は他の杉山さんの著作も含めて、いかに「脱炭素」がバカげているかをまとめたい。

 今回のウクライナ侵攻が、EUとくにドイツに大打撃を与えるという指摘から始める。

凍死者が出るかも、と杉山さんは言う。

 ロシアは主としてパイプラインによって、欧州のガス輸入量の40%が供給、とくに

ドイツはロシアのガスにドップリつかっている。また政権の一翼を担う社会民主党の元党首

シュレーダー氏はロシアの国営ガス企業の取締役だ。

 具合の悪いことに、EUは「気候危機」説に取り憑かれて、石炭火力発電所を次々と

閉鎖している。

欧州は米国並みのシェールガス埋蔵量があるのに、EU諸国は事実上採掘を禁止し、

ロシアへの依存度は前述のように高い。

 経済制裁にからんで、新設のパイプラインの建設工事は中止。

 これらから杉山さんは、前記した大被害の可能性を指摘している。

 笑い事ではない。「脱炭素」のおかげで、中国は高笑いし、日本など先進7カ国は

大変な負担を強いられる。

 以下杉山さんの文藝春秋掲載の論文から要旨を述べる。

現在日本を含めた先進7カ国は、「2030年までにCO2などの温室効果ガスを50%減。

2050年までにゼロ」を宣言した。

 日本も46%とゼロと同調している。

 ところが中国は「CO2ゼロは2060年、2030年までにCO2を増加させ続ける」という

長期計画を全くかえていない。

 昔から言われている「バイデン政権の対中国への甘さ」がこうした売国外交にあらわ

れている。

 この結果、中国は大変なメリットを得る。

  1. 2030年の目標を達成できないことは明々白々なので、外交上優位に立つ

②太陽光発電に使われる結晶シリコンの世界シェアは中国は45%

  1. 石炭火力の輸出(対途上国)は独占
  2. 脱炭素発電のための「グリーン投資」はレアアースが必要だが、七割の世界シェアを持つ

 さて、中国のメリットが巨大なことはひとまず置いて。

 この「脱炭素」が消費税20%にあたる負担をわが国の家計、企業に与えることを以下述べる。

 杉山論文を引用しよう。

 「過去10年間、「固定価格再生買取制度」下で、再生可能エネルギーは大量導入されてきた。

これによるCO2削減量は、年間2.4%兆円(2019年度)に達している。

 3人世帯の電気料金を例にとる。

 電気料金は年間12万円、これに対し6万円の賦課金だから、すでに5割の負担増が発生している。

 一方、国の支出で見ると2.4兆円の負担で2.4%削減だから、1%あまり1兆円。あと20%CO2

排出量の削減を上乗せすると20兆円。現在の消費税が20兆円だから、30年後に消費税倍増を

意味する。20兆円は1人あたり約16万円、3人世帯で48万円。

 以上述べた部分で、現在の日本が自殺行為の準備をしていることがお分かりだろう。

 どこかウマいことをやっている国があるのか、と探してみたら、あった。

 フランスだ。

 マクロン大統領が原発の大量建設プランを発表した。14カ所、とか。

 アンチ原発ムードの強いわが国では拒絶されるだろうが、私は進化した21世紀の原発の安全性は

見直されるべきと考えている。

 そこで私は、ハタ、とヒザを打った。

 

 もう2020年になったが、ウォーレン・バフエット氏が日本の5大商社株を4.9%も買った。

「将来は9.9%まで」としている。ウラン燃料にわが国商社が絡んでいることは周知の事実。

流石バフェット!

現在は市場全体は底値探りの段階だが、にもかかわらず、大手商社株は堅調だ。これを引き続

きおすすめする。

 最後に、映画の名セリフでシメる。

 伯爵ルイ・サルウはガランスを口説く。

 「あなたは美しすぎて誰にも愛せません。美は醜い世界への侮辱です。」

 もうひとつ。

 「人生は素晴らしい。あなたも人生と同じように素晴らしい。」

これはピエール・ブラッスールが女性を口説くときの決まり文句。

 監督マルセル・カルネは名優揃いだったから、さぞ苦労したんだろうなあ。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「悪の花園」と2023年のNYダウと日経平均、円レート2023.1・8(第1153回)

映画「悪の花園」と2023年のNYダウと日経平均、それに対ドル円レートの予測。 今回は金相場

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「殿、利息でござる!」と私の日経平均4万円説の背景(第1113回)

日本映画としては珍しい金融問題を取り扱った作品。中村義洋監督で、瑛太と妻夫木聡が主演。磯田道史さん

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「さらば愛しきアウトロー」と過剰流動性相場の出発

(第972回)  2019・7・22 ロバート・レッドフォードの引退声明で大いに注目されている近

記事を読む

【初・中級者向き】 気になるチャート
08年とやっぱり似ているのでしょうか??

ジャイコミ編集部 リーマンショックの起きた9月15日まで、あと63日・・・ というわ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「海賊とよばれた男」とトランプの栄光と転落

百田尚樹氏の小説は出光興産の創業者・出光佐三氏の一生を描いた長編で、400万部を超えるベストセラー。

記事を読む

PAGE TOP ↑