「 マーケットインサイト 」 一覧

渋沢1万円札登場、ムズムズするタンス預金

米ISM非製造業指数が50割れ、消費者信頼感指数が急落   生成AIブームと米国財政支出増加で1-3月までの米国景気、企業収益は堅調に推移してきたが、4月に急速な悪化が生じている。 重要な先行指標であるISM製造業指数は3月分だけ分岐点の50を超えたが4月は49.2と、22年11月以来の50割れ基調に戻った。 非製造業指数は大不況の時以外ほとんど50を割ることはないが

続きを見る

半導体関連の比重を下げるべき

米国プラットフォーム各社は重い償却負担に苦しむ 前回、NVIDIAをはじめとする半導体関連株のピークアウトを指摘したが、その後の同社株と米SOX指数の動きは頭打ちから急落に移行するパターンを示唆している。 足元で半導体需要全体は持ち直しているが、生成AIサービスを強化したい巨大IT企業のデータセンター投資ラッシュに絡む、GPU、超大型メモリーに需要は集中し、汎用メモリー等の上昇はその結

続きを見る

実需の伴っていない半導体関連株への人気

実需の伴っていない半導体関連株への人気 データセンター設備投資だけが膨張、民生用はむしろ減少 長年株式投資をしてきた者なら8日のNVIDIAの動きを見れば天井パターンと判断するだろう。1年半近い棒上げの後、一日で12%の株価変動で前日の日足を包む大陰線である。売買代金は15兆円、日本市場の3日分を1銘柄でやってしまった。人気のクライマックスと見てよいと思う。12日には大幅反発しているが

続きを見る

生成AIバブルはピークの様相

生成AIバブルはピークの様相 金融引締めを帳消しにした生成AIへの期待感 米国のファンドマネージャーは厳しい競争にさらされており、ライバルを出し抜くには時価総額が大きくて最近好成績の銘柄やセクターにオーバーウェイトすることが求められる。買えば上がる、上がるから買うのスパイラルが動き出す。そこに華々しい見出しが証券情報端末のヘッドラインに並ぶと、パブロフの犬の如く全員右へ倣えで突っ走る。

続きを見る

新NISAで予想以上の上昇に、半導体はバブル 国内勢ではなく米系投機筋が先物を買い上がる

新NISAによる日本株需給改善は予想されていたものの、新年6営業日で日経225が7.1%もの急騰を演じるとは思わなかった。急速なNT倍率上昇と先物の動きからこの上げは12日のSQに向け米系短期投機筋が盛大な買い仕掛けを行ったものと見られ、SQ価格は36026円と、現物のレンジを上回る「幻のSQ」となっていた。この現象はしばしば短期的急反動の前兆になるので要注意。 ちなみに225採用銘柄のPE

続きを見る

利下げ期待と生成AI期待のバブルが膨張

利下げ期待と生成AI期待のバブルが膨張 米国で期待と現実の格差が一段と拡大中、反動を警戒 13日の米FOMCは予想通り変更なしだったが、市場が注目していた委員による今後のFFレート予想値であるドットチャートの24年末平均値は、前回9月の5%強から4.7%に低下した。概ね来年中に3回、各0.25%の利下げがあるという見方で、最近の経済指標の悪化に見合ったものといえる。 しかし市場が

続きを見る

米国景気はこれから悪化、米国株も要注意

米国景気はこれから悪化、米国株も要注意 先行指標が軒並み悪化、現在の米株高は需給のアヤと見るべき 現在の米国市場を主導しているのは、マグニフィセント7(偉大な7社)と呼ばれるIT系巨大銘柄に大きなポジションを傾けるヘッジファンドおよびその追随者であり、その動きは当局への報告書でも確認されている。米国長期金利が下がるほどポジションを増やす仕組みになっているから、足元の10年債利回り低下(

続きを見る

PAGE TOP ↑