映画「ラスト・ナイツ」とパリのテロと株式市場

公開日: : 最終更新日:2015/11/22 マーケットEye ,

日本人監督がハリウッドに進出してつくった力作。紀里谷和明監督、モーガン・フリーマン、クライヴ・オーウェン。興業で当たってほしいが300ヵ国で公開が決まっているそうで、嬉しい。

内容は忠臣蔵。ワイロを悪徳大臣からせびられた貴族が、その大臣と論争。宮殿内で刀傷沙汰に及び、自分の部下の警備隊長に王の命令で斬首される。

1年後斬首した隊長は部下の騎士たちと、大臣を襲撃し復讐を遂げる。

フリーマンが浅野内医頭、オーウェンが大石内蔵助。吉良上野介がノルウェー人のアクセル・ヘニーでこれが中々ニクらしくていい。清水一学が伊原剛志。

悪徳大臣は居城の守りを強化。妻の父の貴族に護衛兵1000人を派遣してもらう。しかし王に行き過ぎをたしなめられ、護衛兵は帰国。そこから騎士たちのチャンスが生まれる。美しい映像の襲撃シーンが素晴らしい。

dl1-1058-1500

仇討とテロとどう違うのか、は難しい問題だ。こんなことを言ったら袋叩きにあいそうだが、IS側にも泥棒にも三分の理で、理由はいくらでもいうだろう。

テロよりも利上げ、大したことがなかった下げ

2001年のワールドトレードセンターへの旅客機による襲撃はまだ眼に残る。911の同時多発テロのときには1週間株式市場は停止、再開後のNYダウは9605ドルから8883ドルまで大幅下げ。7・5%、722ドル。

日経平均の方は9月12日の15292円から9610円まで6・6%、682円も下げた。

それに比べると、今回は軽い。11月16日月曜日はNYダウ237ドル、日経平均236円安だったが翌日にはもう反発。両方の市場の下げも1%台に止まった。週間としても上げ。要するに大したことはなかった。

テロよりもFRBの議長録発表で12月の利上げ。米国経済が先月の雇用統計でもう大丈夫、と市場が考えたからだろう。

ただNYの市場コンセンサスが「5年後10年物米国債3%」というのは低すぎる。恐らく今後は債券価格下落(利回りは上昇)、NYダウの方は何かあるごとに下落―。非常にボラティリティが上昇する局面に差しかかっている。その材料に米国でのテロが(万一あるとすれば、の話しだが)使われるかも。

 

テロの影響は、いろいろあろう。

第一は日本の景気。7~9月期のGDPは年率マイナス0・8、うち設備投資はマイナス1・3%と足をひっぱった。

日本の経営者は臆病。コワイ材料が出ると設備へのカネは出さない。まして賃上げなんて―。景気回復は遅れるかも。

第二はユーロの対ドルレートの下落。VWやドイツ銀行問題があるところにこの材料だ。ユーロの売り越し玉は6月以来の13万4300枚。ヘッジファンドは1ユーロは対ドルで1対1のスクエアを目標にしている。

第三は米国大統領選でヒラリー・クリントンが有利となったこと。ただ直後の世論調査ではドナルド・トランプとヒラリーが同率での20%で並んで首位。しかし11月8日の選挙ともなれば別だろう。

外交経験のある、なし。最高司令官としての能力、のある、なし。これは大きいのではないか。前提として彼女が「私はオバマの弱腰と違う」ことをはっきり言う必要があるが。

ボラティリティが増す展開

肝心の東京株式市場は?

ヘッジファンドは先物中心に買って上値を求めているが、恐らく2万円の大台をつけたら売るだろう。かなりボラタイルな市場になるに違いない。決算期を過ぎて、新しい期に入ってとりあえず売りで取る作戦と推察する。

もちろんその後は株価は再び上昇、円売り・日本株買いのいつものペースの戻るだろう。今、来週に大きな押し目があれば買いチャンスだ。

 

映画のセリフから。裁判にかけられた浅野内匠頭のモーガン・フリーマンは言う。

「他の人々は(大臣の)ワイロの要求に対し、自分の領地、地位、体裁を考えてやむなく応じています。私は応じませんでした。」自分が正義と考えることが通じないこともある。今回のテロがどう進展するか、今のところ神のみぞ知る。しかし唯ひとつ分かっていることがある。恐怖で人の心を押さえつけ続けることはできない。

ヘッジファンドの売りも同じ。彼らは売るために買い、買うために売る。そのサイクルを理解しておけばいい。

 

映画「ラスト・ナイツ」とパリのテロと株式市場(第801回)

今井澂(いまいきよし)公式ウェブサイト まだまだ続くお愉しみ

関連記事

今井澈のシネマノミクス

源義経「鵯越えの逆落し」と、いま市場で起きている銘柄選別の大転換(第1052回) 

一般的には「一の谷の戦い」(1184年3月)とよばれているが、私は「ひよどり越えの逆落し」の奇襲を

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ホーム・アローン」と私が注目している二つの素晴らしい仕事

映画「ホーム・アローン」と私が注目している二つの素晴らしい仕事 2023・12・24(第12

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「フェイブルマンズ」と欧米の銀行の破綻。(第1164回)

高値比半分になった小麦、そして今回の「ドカ」の行方 人間、歳をとりたくないものだ。誰でも加齢

記事を読む

消えた裁定買い残の謎
下値リスク減と捉えるのは早計

 日本個人投資家協会 理事 木村 喜由  年内利上げ開始の方向もペースは遅い 注目された17

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

「マクベス」と利上げ見送り後の“二番底”形成材料は

先週は「ヴィンセントが教えてくれたこと」「黒衣の刺客」「天空の蜂」の三本。ただ書きたいテーマとの関係

記事を読む

PAGE TOP ↑