映画「エデンの東」と米国債格下げと金の暴騰。2023・2・12(第1159回)

映画「エデンの東」と米国債格下げと金の暴騰。

それに、3月期末にからんだ株式の益出し売り

2023・2・12 (第1158回)

ジェームズ・ディーンが死んでもう70年近い。「エデンの東」でたちまちスターになったが、出演はたった3本。交通事故で急死した。

愛を求めて傷つく青年を実に上手に演じ、私は共感した。音楽も良かった。

タイトルは旧約聖書の創世記から。カインが弟のアベルを殺し、エデンの東に住んだという記述がある。映画の中でもそれは語られる。

父は真面目一方の性格で聖書をいつも読んでいる。長男も真面目。そこでキャルは父に言う。

「善も悪も親から譲られる。僕は悪の方を譲られた。」

父は、母は幼い頃に死んだと息子たちに言っていたが、実は妻は列車で一駅(山越えだが)で、いかがわしい酒場を経営し、ボロ儲けをしていた。

一方父はレタスを冷凍して転送し、儲けようとするが列車が事故で腐ってしまい、大損害を蒙る。キャルは穴埋めして、父に愛してもらいたいと切望する。

折しも第一次世界大戦前。キャルは大豆の先物を5000ドル買う。そのアイデアは金儲けの巧みな専門家。5000ドルは母から借りた。この映画は先物のない時代の日本に、先物取引のうま味を教える作品でもあった。

さて、ここまで書けばわかるだろう。

先物取引はいまや株や債券、為替、それに商品などで行われている。今回は金(きん)の先物だが、次回から原油、食料、為替、そして世界の派遣の先物いう意味でインドを取り上げたい。

理由は今回取り上げる3月期末に絡んだ主に銀行の株式の益出し売りが早くもこの2月下旬から始まっているからだ。

まずこのシリーズ第1回の金先物。

今年、場合によっては6月に大暴騰する可能性があるから取り上げた。

その前に、ごく当たり前のことを書く。

無利子の金投資は利息の引き上げの悪材料。引き下げは好材料。

したがってFRBの利上げ作戦は金価格を押し下げた。(チャート参照)

したがって、利下げ終了時が近づいていると見られる現在は、いろんな思惑が乱れ飛ぶ。

買い方は、12年前の2011年に発生した「米取引債務上限問題」が、場合によっては金価格の「急伸をもたらす可能性」がある。

すでに1月19日に連邦債務の31兆4000億ドルの法定債務上限に到達している。不足になれば米国議会の承認が必要となる。しかしこれが実は大問題である。

下院を共和党が握り、特に同党保守派が下院議長選出で何と15回も繰り返したように、簡単に債務上限を認めるとは思えないからだ。

イエレン財務上官が「6月上旬までに、資金が枯渇することはない」としている。危機先送りのため地方政権のための債券発行停止、連邦政権公務員の退職年金基金が保有する米国国債への購入停止。

2011年に何が起きたか?S&Pは米国債の格付けをワンノッチ引き下げた

金価格は前後2ヶ月間で、1オンス1500ドルから1900ドルに急騰した。当然ドル価格は下落、円高になるから、わが国の投資家はその分、安く買える。

これから2月末と3月中旬まで、短期では売り。メガバンクの保有する外債は2、3兆円の含み損を抱えている。一方株式は昨年末で7兆円近くの含み益。

私の経験では3月20日ごろまで、株式を売って益出しする。それまではお休み。

前回私のブログで、ブル2倍投信をおすすめしたがミスプリであり、ご迷惑をかけた。改めて。

①日経平均ブル2倍上場投信(1579)

②TOPIXブル2倍上場投信(1568)

ただし、投資は自己責任で

取引1月の岐阜の講演時のお客さんが上質な肉製品を送ってくださった。次回の拙著を送りたいので、メールしてください。アドレスは ken_imai@nifty.com

「エデンの東」のラストは、脳出血で別れた父がキャルに「面倒を見てくれ」と頼む。これを説得した恋人の演技は見物

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「君の名は。」と予想外の不安材料

 2016・9・11 大ヒットしている青春ものアニメで新海誠監督。あの大林信彦監督の名

記事を読む

木村喜由のマーケットインサイト
2014年10月号
波乱の10月来たる、買い急ぎは厳禁

日本個人投資家協会 理事 木村 喜由 ついに米国市場の弱気転換が始まったのかもしれない。現時点では

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】平昌五輪の後に来る「日本の国難」

  2018・2・17 平昌五輪もあと1週間。これまでのところ美女応援団だのロ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

モーツアルト「レクイエム」と安倍晋三元首相の功績と日経平均4万円の証拠 (第1125回)

36歳で亡くなったモーツアルトの遺作。 作曲の依頼人が見知らぬ男からの依頼だったこと

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ビリーブ 未来への大逆転」とトランプ再選への大リスク(第1000回)

 おかげさまでこのブログも1000回を迎えました。皆様のご支援に感謝いたします。また今回のコロナ肺

記事を読む

PAGE TOP ↑