映画「ノマドランド」とNY・東京株式市場を襲う七つの難題と私の強気  (第1061回)

近く発表されるアカデミー賞作品賞の最有力候補とされる話題作。

 あらすじから入る。

 ネバダ州の企業に頼り切った町で暮らしていた60代の女性ファ

ーン(フランシス・マクドーマンド)はリーマンショックで倒産した企業の影響で、

長年住み慣れた家を失ってしまう。

 ファーンは、「ノマド(遊牧民)」として、季節労働の現場を転々と歩きながら、

車上生活を送る。

 行く先々で出会うノマドたちとの交流や広大な大自然の中で、ファーンは

再起してゆく。

 この映画を見て私バイデン大統領を思い出した。

 リチャード・クーさんの表現に従えば、次の通りだ。

 「いねむりジョー」から「スピードジョー」に豹変した

 その政策の中で、誰でも連想するのか①米中新冷戦のホット化

②富裕税とキャピタルゲイン税の大幅引き上げの二つ。派生した問題で

は「アルケゴス」。以上三つの難問が発生した。

 別枠で①本年2月の1・9兆ドルの経済対策②4月に構想が発表してきた

2・3兆ドルのインフラ整備政策。まあ民主党が上下両院を押さえている

うちにやっておこうという思惑。くわえて明年の中間選挙の政治的要因

からだろう。

 さて、話を戻す。

  1. は私がこのブログで発表した米国防衛株4月に入っての急騰と中

国側の猛烈な対米批判。それに習政権上層部の思い上がりが裏付け材料。

 しかし、環境問題サミットへの習近平出席、ケリー特使の派遣。さらに(未確

認だが)バイデン大統領が漏らした「中国への米国内での中国四大銀行の

資産差し押さえと、ドルペッグのハシゴ外し」が、ホット化への懸念ひとまずは

遠のいた。米国防衛株の高騰は、日本の武器の大量購入の思惑、で説明できる。

  1. の富裕税・キャピタルゲイン税の大幅引き上げについては、パルナソス

インベストメントのチーフストラテジストの宮島秀直さんが、実に明快に悲観

の必要がない理由を説明してくれた。以下要旨をまとめる。

 「米国で富裕層税が大幅に引き上げられた時期①1992年から93年(3

1%→39・6%)②2012年から2013年(31%―39・6&)

キャピタルゲイン税が大幅に引き上げられていた時期①1967年から197

1年(25%→35%1986年から1987年(20から28%)③2012年から

2013年(15%→20%)(このすべての期間で)株価はほぼ調整せず、コン

スタントに上昇相場」

 宮島さんはその理由として、米国の好景気に投資家の株式市場が併存

していたことを挙げる。

 第三のアルケゴス問題は、ここ5週間、NY連銀が10~12%の資金供給

を行って、破綻の連鎖を防いでいる事実を挙げるだけで十分だろう。これ

だと75億ドルと想定されている想定されている残存ポジションは無害

だろう。(アルケゴスは100億ドルのヘッジファンドで、中国人富裕層の私

的な資産を運用、管理している。バイアコムCBSへの投資で巨額の損失を

こうむり、米国勢は売り逃げたが日本とクレディスイスが打撃を受けた。)

 さて、日本。四つの疑問を挙げたい。

  1. 東京五輪の中止。②日銀の市場介入方針の変更
  2. ルネサス那珂工場の生産停止による自動車生産への悪影響
  3. 三度目の緊急事態宣言
    1. と②はつながっているから、説明が必要だ。

 4月19日、米国国務省は新型コロナ・パンデミックの影響を恐れて160

万人への渡航中止を決めた。

  そこで日本の株価は急落。4月20,21日と連続して、1,000円近く

下げた。五輪が中止になれば三菱UFJ証券の景気循環研究所によると、

3・6兆円の打撃があるから、この下げは当然、と言える。

 20日前場で株価が1・2%下落したときには市場参加者は「日銀の介入」

を期待した。通常はTOPIXが1%以上下落すると日銀はETF購入を行う。

しかし日銀は介入しなかった。

 21日にTOPIXが2・2%下げ、そこで市場介入が行われた。

 結論、五輪中止の正式発表がまだないし、悪影響の発表もなお先。従って

この二つの問題は解決できないままに今後に持ち越される。

 次の二つは、いわば「災害に売りなし」で、数字は大きいかもしれないが、

しかし、半導体不足で「4月から6月期成長率を年率7・3%押し下げ」と

言われると、やはり無視できない。(野村総研木内登英エクゼ゙クテイブ・エコノ

ミスト)

 第四の問題点は4月25日から5月11日までと、比較的短期なこ

とと、ワクチン注射が開始されたことが加わり、打撃は国としては軽いだろう。

 そんなこと、書くくらいだから、イマイさん、弱気?とんでもない。私の強気は、

ここ何回かのブログに書いてあるから、読み返してください。

では、目先の乱高下はどう見るの?

ここは、実績があるテクニカルアナリストの意見を聞くのが手っ取り早い。

いちよし証券投資情報部市場分析課の高橋幸洋さんに電話した。

「月内は、落ち着きませんよ。いろんな変化日が集中しているし、連休前と決算

発表前、どこも動きません。でも連休明けから、ムードは変わるでしょう。私は

強気です。」

 最後に主人公ファーンのセリフでシメよう。「私はホームレスでなくハウスレス

なのよ」

 私の方も会社のトップでなく(いろんなお誘いはありましたがね)、一介のア

ナリストです。しかし、86歳の今でも現役でいられるのは、支持してくださる

皆様のおかげです。

感謝。

 なお、4月27日(火)19時からウエブナーの4回目を行います。銘柄中心です。

著名な経済ジャーナリストで、雨宮総研代表の雨宮京子さんの出演も決まっています。

ぜひご覧ください。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「裏切りのサーカス」と、1月6日に米国で発生するバイデン無力化と、菅首相へのマスコミ叩きの背景。それにNYと日経の予測 (第1045回)

 最近亡くなったジョン・ル・カレの全盛期の傑作の映画化で、2011年の作品。私は小説も映画

記事を読む

松川行雄の相場先読み
7年ぶりの1万7000円台回復だが
テクニカルな過熱感は否定できず

松川行雄 増田経済研究所 日経平均株価が11月11日、7年1カ月ぶりに1万7000円台を回復した。

記事を読む

【初・中級者向き】 気になるチャート
08年とやっぱり似ているのでしょうか??

ジャイコミ編集部 リーマンショックの起きた9月15日まで、あと63日・・・ というわ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「告白小説、その結末」とトランプ貿易戦争でもうかる銘柄16

  2017・7・8 ことし85歳のロマン・ポランマキー監督の新作でカンヌ映画

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「日本のいちばん長い日」とグローバル投資と配当収入で豊かな老後(第1047回)

 半藤一利さんが亡くなった。合掌。代表作の一つがこの「日本のいちばん長い日」だろう。二回映画化され

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑