宮本武蔵「五輪書」と今回の「ド」を予感した背景と 来週以降の株価の反発。私の強気(第1072回)

公開日: : 最終更新日:2021/07/18 マーケットEye, 中級, 初級, 無料記事 ,

「五輪書」は宮本武蔵の書いた兵法書。地水火風空の五巻から成り立っている。この書の目的は実戦に役立つ兵法の伝授。

すでに三十年間戦闘はなく、剣術の稽古は道場でのみ。武蔵は合戦を知る最後の世代として、後世に自分の経験を残そうとしたのである。

今の相場と一般の認識と似ている。理由を述べる。

五十、六十代のリーダーたちは負け戦つまり下げ相場しか知らない。長期上昇相場を知っている86歳の私としては、この大相場を広く知らせるために、毎週強気を主張している。

 先週のブログとウラ読みで、私のいつもの強気をウラハラに、やや弱気と見られる内容を表明した。

 早速、読者から反応があった。「久しぶりの弱気」「長期での強気に変化はないか?」

 答えは。ともに「イエス」です。

 では、なぜ?

 40年間相場取り組んできたすストラテジストとしては、何となく「ドカン」でなく「ド」か「ドカ」がありそうな場合、予感があることがある。実は7月中~下旬の弱持ち合い相場の目先の終わりに「ド」が来る気がしていた。しかし理由は判然としなかった。

 プラザ投資顧問の伊東秀広さんが「香港のハンセン指数が暴落してます」と教えてくれた。イマイチ、日本株への直接の関連が分からなかったので、不安材料を七つ並べた。

 「結果オーライ」となった。7月5日までの2万8578円から、7月9日の2万7949円まで下げた。「ド」が発生した。

早速、来週は反発局面が期待できますよと、連絡を寄せてくれたのは、いちよし証券の高橋幸洋さんである。

 「200移動平均を下値支持線と見ていたが、(7月9日の)ザラ場では割り込んだ。しかし乖離率が1%を超えた例から見て、調整期間は極めて短期に終ろうとしている。従って、反発局面に入る可能性が高くなった。

 また東証一部の騰落レシオ(25日移動平均)が48・15%と21年5月13日の78・86%に接近している。

 つぎに空売り比率。48・25%と経験的に反発がはじまる50%ラインに接近している。」なるほど。

 しかし、当面の上昇目標を私は低めの3万円未満に置く。

 理由はカンタン。明年4月の証券市場再編による需給の緩和が上値を抑えるからだ。

  例を挙げる。東証一部からプライム市場に上場するには、流通株式比率

を35%以上にする必要がある。

 日経225種のうち10・46%を占めるファーストリテイリングと1・61%を占める中外製薬が除外される可能性がある。(個人投資家協会 木村喜由さんによる)

 前社の場合は、柳井氏一族と関係会社が5150万株、日本銀行がETF経

由で2100万株を保有。これだけで68・4%になる。

 後者の場合は親会社のロシユが59・8%、日本銀行が6~7%。

 ファーストリテイリング、中外製薬ともに記述した大株主以外にも固定株主は多いので、両社株が下落しやすくなっている。両社で日経平均の六分の一を占めるので、日経平均全体の上値は限定的だろう。他の銘柄も、現時点では安値が望ましいと考えていよう。

 しかし、来年4月から証券市場が、新体制になればいっぺんに全上場企業は上値を求め始めるだろう。

明年はコロナ・ショックの打撃から回復し、ペントアップデマンド(22兆ある)が開花。成長率は上昇。現時点での日経平均の一株当たり利益は、2000円以上。

22年3月期のPERは14倍と割安。買い一本で報われるだろう。

結論。私の強気は変わらない。

武蔵の名言でこのブログをシメる。

「我、事において後悔せず。」

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「ディーパンの闘い」と円高・株安のHF仕掛け

第68回カンヌ映画祭で最高賞を獲得した秀作。難民が滞在を許可されたのちに文化や環境、言語の違いで直面

記事を読む

投資の羅針盤
国民皆保険の徹底を
企業にも医療保険の提供を義務付けるべき

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 今回は医療保険(健康保険)制度の問題点をテーマとして採りあげ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「北の桜守」と米関税引き上げと米朝首脳会談と日本

  2018・3・18 吉永小百合120本目の作品でしかも「北の三部作の最後」

記事を読む

気になるチャート
リーマン時との比較、外国人売買額累計

ジャイコミ編集部 気になるチャートをチェックしようという思いつきのコーナーを始めました。 どこで

記事を読む

日本は「ROE最貧国」から脱出できるか?【下】

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 これまでは、わが国では「自己資本比率が高く、借金が少ない企業

記事を読む

PAGE TOP ↑