映画「さらば愛しき女よ」と大予想を的中させたスーパーマンの紹介。日銀ETFと国民の大儲け。そして近く発生する大暴騰。そして近く発生する大暴騰。(第1148回)

公開日: : 最終更新日:2022/11/21 マーケットEye, 中級, 初級, 無料記事 ,

そして近く発生する大暴騰

7月24日に愛妻 扶美子を失って4ヶ月。

 夜寝る時に「夢でいいから出てきてくれ」と願うのだが、ごくたまにしか、そんなことはない。またとんでもない時に急に涙が止まらなくなる。まだ「さらば」とは言えない心境だ。

 今回は映画の題だけで選んだので、ストーリーは関係ない。ただ原作の方は面白い。一読をお勧めする。
イメージ

 他人さまをほめるのはリスクがある。マーケットや経済に絡むときはなおのこと。ご本人は「やったア」と思っているズバリ適中も、毎日会社に出るとグダグダと言われ、外すとバカみたいに言われる。的中したときはうんとほめるといい。

 その人はマネースクエアの宮田直彦テクニカルアナリスト。

 1ヶ月前に「円安は終わり」としたらピタリ。この人は10年前のドル円75円時代に125円、その後に150円から160円、と予想していた。恐れ入りました。

 では、この人は当面どんな予想をしているのか。

 まず適中させた円レートに1ドル130円台がいいところ、という。

 米国のインフレは落ち着く。半導体サイクルも上昇。

 一方、日経平均。ドル建てが9月30日179ドルだったが、昨日1ヶ月ぶりに200ドル。外人買いが始まる。

 日経225のEPS は、11月15日現在2238円。PERは12.49倍。官田さんは年末3万円と見ているが、PER13.4倍だと信じ、3万円。

 さて、次の日銀ETF。

 今週嶋中さんのセミナーがあって、第一生命総研の永濱利廣さんが話された。私が質問を日銀ETFについてしたら、何となく「もう方針は決まっているようなニュアンスだった。終了後書いたものにありますか?」と質問したら、「ありますよ、送ります」とのこと。

「長期の国家戦略を掲げ.資産所得の倍増を」という論文、これもいいですよ。

チャートが欲しかつたので探したら、同じ研究所のレポートがあったので、紹介する。

イメージ

 

チャートの示した通り、2022年3月末の日銀保有ETFは51.3兆円。累計買入は36.6兆円なので含み益は14.7兆円。

 これを井出真吾さんは次のプランで消化する。

 ①政府系金融機関が日銀からETFを薄値で買い取り、(非課税)車用の投信をつく。

 ②販売価格は「薄値プラス○○費や事務経費」とする。

 ③若年、中年層を狙ったAファント(教育、住宅、結婚資金)を想定したAファント(売却制限5年間)、老年層向けBファントは65歳以降売却可能とする。

イメージ

井出さんは「2000万人が、6〜7回、200万円が1回分」と考えている。私も妥当と考えている。

 さて、終わりに。

 ある事情通から「トルコで米国とロシアの情報担当者(米国はCIA、ロシアは不明)が会った。停戦ではないか」という。

 もともと、米国には12月には明瞭なアノマリーがある。

 12月第1週は配当などの支払いでNYダウは安く、中旬以降この売りが終わるので「サンタクロースラリー」が始まる。

 この11月下旬にまあ私に騙されたと思って、12月上旬買いを注文しなさい、悪いことは言わないから。
 狙いは軍需、半導体。インバウンド。停戦なら食料や原油価格は下がるから、いっぺんに大好況になる。なんでも上がるが、やはり絞った方がいい。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「ゴッドファーザーと三部作」とトランプとヘリマネー(第844回)

  2017・2・5 ご存知のフランシス・フォード・コッポラの三部作。

記事を読む

6月7日(火)JAII株式セミナー『金融政策と為替・株価』ご案内(講師:長谷川慶太郎、熊野英生氏、木村喜由)

JAII株式セミナー『金融政策と為替・株価』ご案内 (講師:長谷川慶太郎、熊野英生氏、木村喜由

記事を読む

こんな金融商品にご用心
実は高いクラウドファンディングのリスク
未公開株の解禁は時期尚早【下】

楠本 くに代 金融消費者問題研究所代表 前回、英国の金融規制機関であるFSA(現FCA)が、かねて

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】名曲「美しく青きドナウ」「ラデッキー行進曲」と新年の日本の災厄

  謹賀新年 本年もどうぞよろしくお願いします。今回は事務上の問題が生じ、1週

記事を読む

投資の羅針盤
スチュワードシップ・コードとコーポレート・ガバナンス・コードは投資を変えるのか

日本個人投資家協会 理事 岡部 陽二 政府は「日本再興戦略」の改定(いわゆる成長戦略)の金融分野に

記事を読む

PAGE TOP ↑