「米寿老人のひとり言――言ったとおりになったじゃないか!」

「米寿老人のひとり言――言ったとおりになったじゃないか!」

2023・10・1(第1192回)

 私のボイスメッセージ「今井澂の相場ウラ読み」で予想した通りの展開になっている。NY発「ドカ」である。

米国の予算審議が「ドカ」の背景である。

下院の共和党強硬派が①大幅な歳出削減、②ウクライナ支援削減、などを理由にマッカーシー下院議長が提示している案に反対している。

同議長は月次のつなぎ予算を通過させようとしているが、これにも強硬派が反対していた。11月までのつなぎ予算はなんとかとうしたが問題の解決に向けたものではない。

議会での予算が本格的成立しないので、政府は部分的な閉鎖状態に入る。

前回(2011年)の時は株価は2カ月下落し、NYダウでいうと9.4%下げた。今回はほぼ半分しか下げていないので、あと半分は下げると予想するのがリクツに合う。

米国では政府関係はGDPの5分の1を占める。混乱が長引けば、打撃は大きくなる。

米国国債は2011年にS&Pグローバルレーティングが最高位から1ノッチ引き下げた。今年5月にはフィッチ・レーティングスが同じく格下げを行った。

今回は大手3社のうち残っていたムーディーズ・インベスター・レーティングだが、大手3社が足並みを揃えれば大幅な株安(私が呼ぶ「ドカ」または「ドカン」)と米国国債の下落になる。

NY株式市場の最近の下げがきついのは、FRBによる11月1日の次回のFOMCで、追加利上げの見送り、または打ち止め観測につながることもある。(以上は、WSJの9月27日の記事木内登英さんの9月28日の記事を参考にしました)。

以前から私は8月下旬から「NYにドカが来る」と警告してきたのはご存じの通り。

特に日本市場は、外国人機関投資家が市場の3分の2を占めている。米国発「ドカ」または「ドカン」が来たら、日本株も影響を受ける。

蛮勇をふるって予測すると、NYダウの3万1000ドル台、日経225も3万1000円。外国人機関投資家が早くから言っていた「10月に3万5000円」説は、もう吹っ飛んだと考えた方がいい。

グラフ

自動的に生成された説明
グラフ

自動的に生成された説明

(チャートはヤフーファイナンスより引用)

買いのスタートですか? 私の「相場ウラ読み」に入るか、10月8日に開かれるセミナーに参加されるのがいい。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「アリー/スター誕生」と2019年の日米株式市場の動向

アカデミー賞候補とうわさされる映画を最近続けて2本、観た。一つは「グリーン・ブック」そして今回の「ア

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「シン・ゴジラ」とリオ五輪閉会と株・円

  2016・8・21 「ゴジラ」ものは1950年以来、10年に1回ぐ

記事を読む

ギリシャ危機騒動の「誤解」を糾す

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 いわゆる「ギリシャ危機」は、2009年10月の政権交代を機に

記事を読む

損する前にこれを読め!
損する人の心理を赤裸々に描写
『あやしい投資話に乗ってみた』

ジャイコミ編集部 誰しもが避けたい投資関連でのトラブル。だが、実際に投資してみてからでないとわから

記事を読む

日経225架空の高値更新
ヘッジファンドは下にも振る
需給良好、押し目を拾う勇気はあるか
木村喜由・JAIIアカデミーレポート

(ジャイコミ編集部より)JAII(日本個人投資家協会)アカデミーは、JAIIセミナーよりも小規模かつ

記事を読む

PAGE TOP ↑