JAIIの20年②
個人投資家協会は総会屋?
ブラックリストに載った過去

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 協会ニュース, 無料記事 ,

日本個人投資家協会事務局長 奥寿夫

1995年2月に日本個人投資家協会を設立してまもない頃、懇意にしていた上場企業のIR担当者からこう教えられ、びっくりしました。

「総会屋のブラックリストに載っていますよ」

ブラックリストを作っているのは、企業が総会屋対策のため設立した「 特殊暴力防止対策連合協議会」です。会員企業に配られた会報をみると、総会屋リストのなかに「日本個人投資家協会」が挙がっており、理事長の長谷川慶太郎はじめ、役員の名前が載っているではありませんか。ある女性役員が長谷川理事長の愛人であるなどと根も葉もないことまで書かれていました。

公益社団法人「特殊暴力防止対策連合協議会」(特暴連)は会員企業が会費を払い、警察が密接に関わっています。警察OBの天下り先となっているのでしょう。事務局は桜田門の警視庁内にあります。

抗議のため警視庁に乗り込み、受付で担当者を呼び出しましたが、なかなか出てきません。とある代議士秘書を通じて連絡をとったところ、2回目の訪問では担当者が応対に現れました。日本個人投資家協会は総会屋ではないと説明すると、既に情報収集していたのか「間違えました」と非を認めました。のらりくらりと言い訳した末のセリフにはあきれ返りました。

「私もだまされました」

会員企業からのタレコミがあってリストに載せたというのです。タレコミ元として某大手証券の名を匂わせましたが、真相は定かでありません。訂正文を出すという確約をとり、総会屋リストから名は削除されました。

総会屋も今は昔 

どうして個人投資家が集って意見を表明していこうとしただけで総会屋扱いされる羽目になったのでしょうか。「上場企業にモノ申すのはケシカラン」という風潮が20年前にはあったのです。

 

ちなみに総会屋が跋扈していた時代は終わり、今ではどの株主総会に行っても総会屋の姿を見ることはありません。といってもシャンシャン総会ばかりでもありません。一般投資家の質問が活発になり、総会屋の出番もなくなったということです。

それでも特暴連は健在です。

(続く)

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「カツベン!」と、トランプ→ペンスの政変と株(第991回)

周防正行監督の5年ぶりの新作。100年前の「映画」、じゃなく「活動写真」。白黒の無声映画だが、ナマ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ビリーブ 未来への大逆転」とトランプ再選への大リスク(第1000回)

 おかげさまでこのブログも1000回を迎えました。皆様のご支援に感謝いたします。また今回のコロナ肺

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「影なき狙撃者」と中国の戦争準備、そして「まだまだトランプ」(第1036回)

 1962年公開のこの映画は、翌年のケネデイ大統領暗殺事件を予告した作品として、再評価されたことで

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「ローマの休日」とブレグジット・ショック 

あまりにも著名なロマンチックな映画。オードリー・ヘップバーンがこれ1本で大スターになり、アカデミー主

記事を読む

岡部陽二が新著を発刊

著者によれば、本書「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる」の印刷版はごく少数部に留め、基本的に

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑