JAIIの20年④
“伝説の相場師”を慕って
個人投資家協会ができるまで

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 協会ニュース, 無料記事 ,

日本個人投資家協会事務局長 奥寿夫

 日本個人投資家協会は2015年2月27日、創立20周年を迎えました。波乱万丈の時代、銀行も、証券会社もあまたと潰れました。そのような折にも、行政や金融、証券界に個人投資家のためになる制度改革を求めてまいりました。

今さらではありますが、設立当時のことを振り返ってみたいと思います。

是川銀蔵(1897-1992)という投資家がおりました。世間では「伝説の相場師」とか「最後の相場師」といわれ、投資家の羨望の的でした。住友金属鉱山の株買い占めはじめ投資で巨利を得て、交通事故遺児や養護施設の児童の学業を援助する奨学財団を設立しました。

長者番付に乗ったのを機に1980年代から講演をするようになり、東京では帝国ホテル富士の間、大阪では中之島公会堂と1000人規模で満席にする人気でした。数ヶ月に1回ほどの講演会では物足りない投資家が「もっと話を聞こう」と集まって作ったのが「銀友会」です。経営も、投資もしている中堅企業のオーナー社長が中心でした。

是川銀蔵がとある講演会で同じ講師として出会い意気投合したのが、エコノミストとして活躍していた長谷川慶太郎です。銀友会は是川銀蔵と長谷川慶太郎を囲む会となりました。 是川銀蔵の死後も、長谷川慶太郎を囲んで毎月、勉強会を開いていました。相場観より経済動向、大局を学ぶ会です。多い時で40~50人のメンバーがいました。

「アメリカには物言う個人投資家の団体がある」

協会設立の発端となったのは、1994年夏のある勉強会でした。 当時、バブルが崩壊して5年経っていましたが、相場は悪いままでした。銀友会では「なぜ、こんなにひどいのか」と議論するなかで、「投資環境が悪いから、相場もよくならないのではないか」と考えていました。証券業は免許制であるがために新規参入もできず、競争がない。手数料さえも自由化が許されておらず、取引コストが下がらない。証券業者の営業姿勢や税制にも問題がありました。

その時、講師として招いた日経新聞の記者が「アメリカには個人投資家の団体がAAII(American Association of Individual Investors)はじめいろいろある」というのです。その話を聞いて、「日本で個人投資家が馬鹿にされるのは、物言う団体がないからではないか」「日本にもそういう団体が必要だ」という話が盛り上がりました。

そして、投資環境をめぐる諸問題を変えていくために運動しようと「日本個人投資家協会」が発足したのが翌1995年2月27日のことです。銀友会のメンバー30人が構成員(役員)となり、理事長には長谷川慶太郎が就きました。

設立総会は茅場町の証券会館ホールにて行いました。200人ほどの個人投資家が集い、壇上に上った長谷川理事長が「証券業の免許制廃止」「売買手数料の自由化」などの要望を決議宣言しました。

(続く)

*是川奨学財団 公式サイト

関連記事

今井澈のシネマノミクス

ミュージカル「ラ・マンチャの男」と日経平均の底値と反転とそれぞれの目標値(第983回)

 このミュージカルは松本白鴎丈が染五郎、幸四郎時代から、私は5,6回観て いる。一回はアムステル

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「決算!忠臣蔵」とトランプ再選と安倍四選(第988回)

まことに楽しい時代劇コメディーの佳作。大石内内蔵助が残した請払帳を分析した山本博文著「『忠臣蔵』の

記事を読む

あなたの外国株投資は店頭取引?委託取引?
ある男性の憤怒【上】

ジャイコミ編集部 証券会社が個人投資家向けの外国株取引を拡大しているという。 4月2

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「サムライマラソン」と最長景気記録更新と今・来週の市場の 激動

主演の佐藤健が妻のお気に入りで、私としては珍しく試写会で見たのに2回目を。時代劇なのに英国人の監督、

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「七人の侍」とNYダウ新値更新の背景と「当り屋」「外れ屋」

(970回)2019・7・7 ご存知黒澤明監督の歴史的な名作。七人の侍が集まる過程の面白さ、野武士

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑