【初・中級者向き】映画「キム・ソンダル大河を売った詐欺師たち」と呆韓(第845回)

 

2017・2・12

私は嫌韓も嫌韓、食卓にキムチも出さない。TVの韓ドラも韓映も観ないのが普通だが、悪党がトクをするコン・ムービーを観たくなったのでまあタマにはいいかな、とー。

主人公は伝説の詐欺師で、本当は老人だったらしいが若い美男にして興行価値を上げたのだろう。この主人公が誠にへたくそなメークで何人もの別人に化け(ダマされる方も方だが)次から次へと詐欺に成功する。ついには韓国最高の権力者(王様よりも力がある!)に「この川から砂金が出る」と信じ込ませ河を売りつける。まあ凡作でおすすめはしない。(この間に「この世界の片隅に」を観たが戦争の被害者ものは苦手なので)

キムチ・ショックの到来

3月13日には韓国朴大統領の弾劾問題が憲法裁判所で決定される。裁判官のうち二人が反対したら弾劾は成立しないし、朴支持の太極旗デモが3月10日にあって、弾劾はこのデモの動員数が決まる(ホントはね)そうなので、朴留任の可能性も残っている。また極右派が言うように、今回の女性占い師の国盗り関与疑惑もデッチ上げ(これもマサカ、ね)説もある。

しかし現在のメイン シナリオは、朴退陣、ショート・ノーティスでの大統領選挙、野党側の候補勝利。どの候補を「北」のイキのかかった人物ばかりなので。

  1. 日韓合意はキャンセル
  2. 「北」は金体制、「南」は民主主義体制で「合邦」し「朝鮮連邦」ができる。
  3. 「北」の核ミサイルを打ち込むゾと日本をおどして日本からカネを巻き上げる。

私がブログで「2017年テン・サプライズ」つまり「とんでも予想」の一番目にこの「キムチ・ショック」をとりあげた。朝鮮半島からの難民を予想したからだ。もちろん原稿を書いたのは旧年中だったので、私のブログの愛読者からよく当てましたねと声をかけてくれた。しかし私の真意というか不安は、前記の②と③にある。

さすがに米上院は「北」の影響力増大を警戒しており「核保有が10個以上に達する前に先制攻撃」が昨年末に検討。これを受けて先週のマティス国防長官はTHAAD配属を確認したし、前提となる①については国務長官が電話で確認している。慰安婦の少女像にも一言あったらしい。①が②、③に続いてしまう前に、シメておこう、と米国は考えているに違いない。

中国依存で経済悪化、外貨不足

私はいつも韓国人に呆れるのは、あまりにも手前勝手な、事実を無視した強弁だ。

BSフジの2月8日プライムニュースに出演した恵泉女子大李准教授の発言だ。「安倍政権の支持率が下がっているので、人気回復のため韓国にツラく当たっている」とぬかした。この人、安倍内閣の支持率の高さをご存じないらしい。

だからこそ、最近の世論調査で韓国を「信頼できない」77・9%(出来るは17・0%)になってしまうのだぜ、李さん。

韓国経済のひどさについては、この李さんを含めて三人の韓国人が、2時間の間一言も言わない。若年層の失業率9・2%というひどさ。

96年対比で2015年に家計債務の対GDP比率は44%から85%にほぼ倍増。赤字世帯の比率も96年の16・7%から2015年21・3%に上昇。2016年も悪化しているだろう。

外貨不足の懸念は大きい。中国依存が裏目に出ている。「中国による韓国いじめ」もある。THAAD配備に絡んだもの。それよりも何よりも、日本の技術を盗んでウオン安で輸出を伸ばすというコソ泥商法がカベにぶつかっているためだ。

日本頼みしかないのに、反日

実はここまで書いてきて読み直したら、韓国が「反日」で必ず自滅するという私には自明のことが十分に説明されてない。

韓国は海外との試算バランスはマイナスで資金の出し手の家計の純資産はGDPの1・1倍、一方企業の純資産は1・3倍(日本はそれぞれ2・5倍、0・91倍)。このため国内資金不足に陥りやすい。だから2014年にユーロ危機で欧米金融機関が韓国から資金を引き揚げたので、韓国企業は日本での資金調達に死に物狂いになった。

今回は、通貨スワップで中国に依存していたが中国が資本逃避に悩まされ韓国支援どころではない。豪州とスワップのワクを拡げたが、限度は見えている。どうしても韓国政府は日本の信頼を回復するしかないのだが、しかし、次期大統領候補には「反日」しかない。もう少し理性的になったらどうか。

結論。こんなお隣さんだからどうしても日本は米国と協力して「北」の「南」制圧を回避しなければならない。そこで、私は相変わらず防衛関連株に注目する。

 

映画のセリフから。

ただのニワトリに金箔を塗り、伝説の鳳凰にして大金をせしめた。しかし大雨が降ってすべての金箔が流れ落ち、バレてしまう。

韓国商法は金箔が消えたようなもので、サムソンはじめ商売そのものが行き詰まっている。そこいらがまだあの国ではワカっていないー。

映画「キム・ソンダル大河を売った詐欺師たち」と呆韓(第845回)

今井澂(いまいきよし)公式ウェブサイト まだまだ続くお愉しみ

ジャイコミ有料記事テキスト画像

 

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「鵞鳥湖の夜」と私の「それでもトランプ」説(第1033回)

 久しぶりに妻の渋い顔をヨソに有楽町まで足を延ばしてこの作品を観た。「浅田家!」の方は文庫で原作(

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「マイ・インターン」と郵政公開と市場の今後

心温まるお勧め作品。ナンシー・マイヤーズ監督は古いハリウッド・コメディの雰囲気を復活させた。

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】 映画「理由なき反抗」と金正恩の斬首作戦

2017・4・16 24歳で交通事故死、三本の映画しか残さなかったジェームス・ディーン

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「麗しのサブリナ」と意外や意外の6,7月高

(第966回) 2019・6・9 今年はオードリー・ヘプバーンの生誕90年とかで、BSやCSでの

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「海賊とよばれた男」とトランプの栄光と転落

百田尚樹氏の小説は出光興産の創業者・出光佐三氏の一生を描いた長編で、400万部を超えるベストセラー。

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑