ソーントン・ワイルダー「サン・ルイ・レイの橋」とラニーニャ現象と私の「それでもトランプ」説(第1034回) 

 小品でも忘れられない作品がある。劇「我が町」で有名なソーントン・ワイルダーのこの小説は、当時中学生だった私に強い印象を与えた。

 当時我が家の近くに教会があって、何回か通ったが、神がすべてをおつくりになり、小鳥一羽の死も神意である、と聞いていた。ところが少なくともこの小説の前半は、これを否定するものだった。

 ペルーのリマの郊外に険しい峡谷に吊り橋があった。1714年には橋は切れ落ち、渡っていた5人の人が落命した。

 その場に居合わせた司祭は、5人の死と神に意志とのかかわりが理解できず、5人の人生を克明に調査し、1冊にまとめる。これは異端とみなされ火刑に処せられる。

 ただ小説の幕切れには私は安心した。司祭が探し求めた罪はなく、大切な故人を思う、生きているものの、愛だった。このテーマというが終わりで、ほっとしたのを記憶する。(このテーマにあたる修道院院長の発言は、このブログの終わりに)

 そろそろ本題に入ろう。リマのあるペルーの沖合で、海水温度が1~2度上昇し、6か月続くのが「エルニーニョ」。クリスマス前後に発生することが多いので「聖なる赤子」という意味でこの名がついた。

 「ラニーニャ」はこの反対で海水温度が低い場合に発生し、1年以上続くこともある。

 このラニーニャがどんな影響をもたらすか。前回の例。2016年夏から、2017年春にかけてのラニーニャは①北海道中心に8月に記録的な長雨と豪雨②北日本では例年より10日も早い初雪③2017年3月には北半球最大の寒波、そして豪雪、東京も大雪に見舞われた。

 少々横道にそれるが、ラニーニャの発生と世界的なインフルエンザ流行と、実は密接な関係がある。例えば1910年代後半のスペイン風邪、1957年のアジア、そして今回。

 渡り鳥がウイルスを持ち歩くのが原因と、米コロンビア大の研究者は推定している。気温の変化によってこれまでと違う鳥同士の接触、あるいはほかの動物、例えば豚など。そこで病原体を持つウイルスを運搬する。

 食料自給率の低い我が国に取って見逃せない事態が発生している。ラニーニャ現象で、天候不順と収穫量減少(勿論この中には頻発するハリケーンが中心)が意識され、新高値が10月中旬に続出している。

 小麦は5年ぶり、大豆は2年半ぶり、トウモロコシは1年ぶりの高値が、シカゴ穀物取引所でついた。

 今後の価格はどうなるか。すでにコメは19年末比でタイの輸出価格は40%も高騰し、同国は輸出制限に転じた。ベトナムなども追随。一方小麦も大手ロシアが輸出制限を始めている。市況は高止まりと見るのが妥当だろう。

 8月末で世界の農作物全体は豊作が伝えられていて、値はどちらかというと下押し含みだった。

 これがブラジルの天候異変(雨季にもかかわらず降水量ゼロ)。それに米国でハリケーンが頻発する。今後メキシコ湾の原油採掘、精製設備に負の影響が出ること必至である。

 こう書いてくると、弱気に聞こえるかもしれない。確かに「異常天候」というと悪材料と考える向きが多い。しかしリクツから言えば「夏は暑く、冬は寒い」方が経済活動は活発する。

第一生命経済研究所の永濱利廣首席エコノミストによる「ラニーニャ期間を1990年以降の好景気機関と重ねると、90・2%の確率で景気回復に重なる」。ラニーニャは冷暖房機器、冬季レジャーや冬物衣料も多く売れる。

 具体的にはどうか。永濱さんによると「1%気温が下がると家計消費に0・0054%金額にして3200億円増加する」

 以上、まとめるとラニーニャ現象は冬物関連需要の喚起で悪い話ではない。

 次のテーマである、トランプ再選説だ。私が期待しているトランプ再選の切り札は10月22日の「米FDA(食品薬品局)によるコロナ薬品(ワクチン、特効薬など)の状況のいわば発表会。すべてのTV、WEBに公開するのだから、ダメでしたなんて言うはずがない。

 すかさずトランプ大統領で「対コロナ戦争勝利宣言を行い」。対バイデンへの不利な状況を一挙にドデン逆転する。

 このシナリオが先日のジョンソン アンド・ジョンソン、イーライ・リリーの両社が臨床実験中に病状悪化が発生。フェーズ3の実験の一時停止を公表したのは、このシナリオに打撃を与えたことは間違いない。

ただ、依然トランプ有利と情報通は読んでいるらしい。2日の入院当時はバイデン氏より弱かったが、現在はトランプ2・44対バイデン氏1・44でトランプ当選と賭け屋は読んでいる。また、2016年のトランプ当選を的中したトラファルガー社は今回も「隠れトランプ」を加味して予測し、トランプ再選を予測している。

 さて、終わりに家計を見届けた後の修道院長の言葉でシメよう。

 「誰しもがこの世に生まれ、誰かを愛し、愛され、死に、忘れられる。私たちもやがて忘れ去られる。また5人の思い出も消えてゆく。

 けれど愛が大切。生と死をつなぐのは愛。この世で一番価値のあるものだ。」

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「ジョーズ」とソロス、バフェット、ジム・ロジャーズ

  夏だ。海だ。となるとすぐ思い出すのが「ジョーズ」。1975年の大傑作だからもう4

記事を読む

7月15日(金)JAII投資セミナー『Very hot 暑気払い』のご案内 (講師:金山隆一氏、桐山友一氏、木村喜由)

セミナーは終了いたしました。ご参加ありがとうござました。 ******************

記事を読む

中期サイクル安値を迎えた。いったん急反発

  (2月14日配信) 中国懸念に欧州金融不安 リスクオフの売り殺到 2月12日

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「インサイダーズ/内部者たち」とHFの作戦変更

  私は嫌韓も嫌韓、大嫌韓。前任大統領李明博が天皇陛下に謝罪に来いというバカ発言して以来

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「ダンケルク」と日米の政治危機

  2017・9・18 ダンケルクとはフランス北端の港町でドーバー海峡に面して

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑