映画「燃えよ剣」と韓国の没落。すでに始まっているのにご本人たちは気づいていない(第1087回)

司馬遼太郎のベストセラーの映画化。岡田准一のアクションも演技も素晴らしかった。充分におカネをかけた大作で、今年のベストスリーに入るだろう。おすすめできる。

土方歳三の一生を描いた。この人が倒幕側にいたら、大変な功績を挙げたと思うが、現実には鳥羽伏見の戦いのあと、徳川慶喜が戦線離脱する位、徳川幕府は頼りなかった。

頼りがないのは、現在の韓国もおんなじだ。

まずチャートを見て頂きたい。日本総研の、藻谷浩介氏の作成したものだが、日本や中国よりも、人口の老齢化ははげしく、2020年にすでに労働力人口が減少した。技術革新によらなければならないのに、現実にはその寄与はマイナス。(国連統計による)

にもかかわらず、韓国の中央銀行である韓国銀行は利上げを実施した。

ソウルのマンションを中心に、バブルが起きかけていたのを抑え込む。

また11月には米FRBがテーパリングを開始し、2022年には米国ドルが高騰する可能性がある。手持ちのドルが少なく、外資に依存している韓国としては、利上げで外国勢が逃げ出すのを防ぐ。こうした政策意図もあった。

韓国株、ウォンともに高値から下にいて、しかもチャートをみると、安くなるのをどこかで支えていることが歴然。本来ならウォン安を誘導したいのだろうが、米国の眼が怖い。

この状況は、誰が大統領になっても同じだろう。

来年3月9日の大統領選挙に、与党の共に民主党は李在明。最大の野党の国民の力は、11月5日に公認候補伊錫悦を選出した。

今のところ世論調査は李在明。

しかし、支持した人でも、現実に「投票する」と答えた人は14.2%にすぎなかった。

米「ニューズウィーク」誌は、「韓国次期大統領選挙の候補者は、いずれも人気も実績もない」「最初から失格?」と報じた。

トップを走っている李在明でさえ「好感」34%に対し「非好感」58%。

韓国の有力紙「中央日報」は「最初の失格」と書いた。「反日」が売りで、スキャンダルにまみれた政治家が当選すれば、史上最低と評されている日韓関係だが、「最低」の度合が歴史上まれにみる低下に落ち込むことだけは、間違いない。

映画「燃えよ剣」のセリフから。

歳三の恋人の雪が言う。「もう巻き込まれています」

2015年の日韓合意を反故にされた岸田首相は、ゴールポストのない日韓関係に、もう巻き込まれている。さて、どう落とし前をつけるのか。

関連記事

基本の話by前田昌孝(第14回)

<SMBC日興証券事件の本質> 「相場操縦事件」として報じられているSMBC日興証券の不正取

記事を読む

難問山積、疑問視されて当然の中国株の反騰

今週の経済雑誌はこぞって中国リスクを特集記事にしている。それも当然だろう。株価急落が不動産市

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

「川中島の戦い」とまだ絶えないインフレ再燃と日本国債紙クズ説を検討する (第1048回)

 余りも有名なこの合戦は、武田・上杉双方の作戦の予想比べの面と、信玄と謙信の直接の戦いという勇壮な

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ディーパンの闘い」と円高・株安のHF仕掛け

第68回カンヌ映画祭で最高賞を獲得した秀作。難民が滞在を許可されたのちに文化や環境、言語の違いで直面

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「サイコ」とまさトラ・リスクと円・株の今後と戦略

   2016年・11・6 アルフレッド・ヒッチコックのご存じの名作。

記事を読む

PAGE TOP ↑