映画「マスカレード・ナイト」と米国公的・私的年金の明年からの日本株買いの開始(第1086回)

キムタクも長澤まさみも、私のお好みなので封切り後、早速観た。

犯人が私にはすぐ分かってしまったのが玉にキズ。しかしキムタクのタンゴのダンスシーンのカッコいいこと!

「容疑者500人」というキャッチフレーズの通り、仮面をかぶったホテルの客がヤマのようにいて、その犯人を見分けるのは容易でない。しかもカウントダウン・パーティなので時間は限られている。

犯人がわからないように、企業収益見通しも現在のところ、二つに分かれている。

株式価格のカナメである企業収益。これが2024年の3月期まで大幅増益ということで、私は安心していた。

TOPIXのEPS予想
2024/3152.92
2023/3140.92
2022/3130.40
2021/395.41
(大和証券 木野内栄治さんによる)

ところが10月27日、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の嶋中雄二さんのセミナーに参加したところ、以下の理由で収益の弱含みを示唆する指標が多い事が指摘された。

第一は「マネーストックの落ち込み。」

2021春以降、チャートに示す通り、マネーストックの代表的な指標であるM2は、かなり落ち込んでいる。これは企業の経常利益の落ち込みを示唆している。

第二は原油高により交易条件が悪化。先行きの収益がこれまた減益の懸念が生れた。

救いは、こうした数字はあく迄も7~9月の数字を基礎とした分析であること。

2~3ヵ月先の調査は、やはり故堺屋太一さんが経企庁長官時代に始めた「景気ウォッチャー」調査の中の「2~3ヵ月先行き判断」が一番いい。

9月の調査を見ていたら、やはり―

9月の現状判断DIは42.1。これに対し2~3ヵ月先の先行き判断は56.6と14.5ポイントも上昇している。

ペントアップ・デマンド受益業界の業績は、当然もっと上昇幅は大きい。

「飲食関連」が33.9から60.6まで26.7ポイント上昇。

「サービス関連」も39.9から61.2まで21.3ポイントも上昇。

以前から、アナリストによる積み上げ方式による企業収益予想と、エコノミストによるトップダウン方式のそれと対立するケースがしばしばあった。

私の経験では、アナ対エコの勝負は半々だった。今回はどうだろうか。やはり株価そのものが、先行きを示す最大の指標。

そう考えていたら、10月26日の日経が第一面に「米、企業年金にESG基準―法規則改正―収益優先から転換」という記事を掲載した。

私の解釈はこうだ。次の2行に注目してほしい。

「年金の投資や投資行動評価では(中略)気候変動リスクや取締役会の構成などが含まれる」

それならば、年金の対中国企業への投資は止めて、投資資金は日本に向けるだろう ― これが私の結論だった。早速、私は信頼できる現役二人に意見と現状の数字を聞いた。

第一に返事をくれたのは大和証券の木野内栄治理事だ。

「日経の記事にある数字は、米企業年金の規模は10兆ドル。米運用資産全体では3割のシェア。米企業年金ではESG投資は1割シェア。米企業年金は海外投資の1~2割。

この事実から木野内さんは次の結論を出した。

「企業年金で2兆ドルがESG投資に向かい、海外へは0.2~0.4兆ドルのESG投資。」

「海外分の一割が日本とすると、200~400億ドルが、日本でESG投資に向う。」

「邦貨で2兆~4兆円。やはり欧米投資が中心だし、半分は債券だろうから、ザックリ2割で4000億円から8000億円が日本株買い。」

次に返事をくれたのが、あるシンクタンクの研究者だ。

まず現状分析は次の通り。

「米国の確定給付型(DB)年金資産残高は2021年6月末で①民間企業3.5兆ドル②州・地方政府5.5兆ドル③連邦政府2.0兆ドル。合計11兆ドル。」

「アセットアロケーションは①米国株22.4%②グローバル株23.0%、合計45.4%(残りは債券など)。」

金額に換算するとグローバル投資(株式)は2兆5300億ドル。

NSCIによると、日本株は6.3%で1兆6000億ドル。中国株は4.07%で、1兆3000億ドル。

この研究員によると「ERISA法の改正はDC年金の方にもかかる可能性があるので、現実にはもっと大きいかも」と。

日本への投資は3ないし4倍になる。最大3兆円!

やはり、私は強気を維持できそうだ。

終りに「マスカレード・ナイト」の長澤まさみのセリフから ―

「ホテルマンに『無理です』は禁句です」

やはり私は、少ない材料で結論を出す仕事を長い間、続けてきたので。「ムリ」は承知。」

私はまだ強気だ

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】平昌五輪の後に来る「日本の国難」

  2018・2・17 平昌五輪もあと1週間。これまでのところ美女応援団だのロ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「コンティジョン」と乱高下するNYダウの意味と日本株(第1002回)

 「コンティジョン」とは接触感染のこと。連日TVはまあ、あきもせずコロナ肺炎がらみのニュースを報じ

記事を読む

イベントドリブン筋が大暴れ

日本個人投資家協会 理事 木村 喜由 Vol1343(2015年10月26日) 先週後半の急騰に

記事を読む

2015年株価予想・的中度ランキング
日経平均2万円超えで4割近くが早くも脱落!

ジャイコミで一番人気の記事は「2014年株価予想・的中度ランキング」。昨年末に公開したのだが、いまで

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「キム・ソンダル大河を売った詐欺師たち」と呆韓(第845回)

  2017・2・12 私は嫌韓も嫌韓、食卓にキムチも出さない。TVの韓ドラも

記事を読む

PAGE TOP ↑