リスト交響詩「レ・プレリュード」と転機を迎えた金への投資。目標値はオンス2300ドル台。(第1101回)

ピアノの超絶名人として知られるリスト(1811~1886)は「交響詩」という分野の創始者。

「交響詩」とは曲をつけられた題を道しるべとして、文学的な内容を表現しようとする標題音楽である。ベートーヴェン

の田園交響曲やベルリオーズの幻想交響曲が代表的な例。

「レ・プレリュード」は「前奏曲」という意味で、フランスの詩人ラマルティーヌの詩に基づいている。

4部構成で ①春の気分と愛 ②人生の嵐 ③平和 ④戦いと勝利。

テーマは「人間の一生は、死という未知の歌への一連の前奏曲である。」

今回私がブログに「金」への投資を取り上げた理由は、一回、相場の有為転変を終えた金への投資が、再び生命を与えられたように考えたからだ。

つまり新しい上昇相場がはじまったということだ。

まず順序として、前回の相場を述べよう。

①1オンス100ドル近辺から1980年1月875ドルへの「春」の時代。

②1999年8月の252ドルまで下落した「嵐」の時代。

③2011年9月の1920ドルまで上昇した「平和」の時代。

そして④が今年4月のオンス1700ドル台までの下落した時期。

 再生を示す重要なシンボルは、2020年8月のウォーレン・バフェット氏の「金鉱株買い」である。

 対象は世界第2位の産金会社バリック・ゴールドで、発行株式の1.2%、2090万株を取得した。金市場の上昇相場入りを読んでの買いである。

 次いで金の需要が8年半ぶりの高水準に達した。

 ワールド・ゴールド・カウンシルが1月28日に発表した昨年10〜12月期の金需要は1146.8トン。これは2019年4〜6月期以来で最大規模である。

 コロナショックで2020年10〜12月期に768.3トンまで落ち込んだが、その後ジリ高となった。

 国別に見るとインドが93.0%増の265.0トン。中国が24.0%増の177.6トン。

 一方、投資需要は300.2トンで2倍に増加した。地金・コインが18.0%増の317.8トン。市場の重石となっていた金ETFの売りが17.6トンの売

り越しだったが、前年同期の131.2トンを越えていた昨年とは様変りの状況だ。

 年間ベースでは金ETFの売りが2020年に874.0トン、2021年が173.3トンの売り越しに止まった。上半期の129.2トンの売り越しだったが、下半期では44.1トン。

 金がインフレヘッジとして見直される気運なのに加え、NASDAQの下落で株価にブレーキがかかったので、自動的に金への選好度が高まつている。

 暗号資産の下落も手助けとなっている。

 では今後の目標値はどうか。

 先週も引用した世界的に定評のある若林栄四さんは、「2023年第4.4半期のターゲットとして2375ドル」を「?」つきながら昨年12月9日のセミナーに、

資料として掲げている。ご参考までに。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】名作「ガリバー旅行記」と建設株

  2018・1・21 ご存知の冒険物語で小人たちの国、巨人たちの国、空飛ぶ島

記事を読む

過剰投機で浮動株が少なくなった日経225
裁定取引で品薄化

前の勤務先が裁定取引の大手業者だったこともあり、先物インデックス関連の売買は1989年以来綿密にフォ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「ローガン・ラッキー」と日本経済と株価の夜明け

  2017・11・26 アカデミー賞監督スティーブン・ソダーバーグが4年間の

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「ゴッドファーザーと三部作」とトランプとヘリマネー(第844回)

  2017・2・5 ご存知のフランシス・フォード・コッポラの三部作。

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「シン・ウルトラマン」とロシア戦費の枯渇。したたかな日本経済。日本株の6月末の買い場を狙う作戦。(第1120回)

興行収入が素晴らしいと聞いた。かつて、私の息子たちに「ウルトラマン」の主題歌を歌ってやった記憶から

記事を読む

PAGE TOP ↑