映画「ロシアより愛をこめて」とロシアのウクライナ侵攻。NYと東京市場の猛反発を私が予想する理由(第1104回)

公開日: : 最終更新日:2022/03/02 マーケットEye, 中級, 初級, 無料記事 ,

「ドクター・ノオ」に次ぐ「007」ものの第2作、シリーズ最高傑作とされている。オリエント急行車内での猛烈な

格闘シーンだけでも映画史に残る、何よりもショーン・コネリーが油ぎっていかにもスパイらしく、また何より

も恰好のよさが魅力的だった。

 さて、露プーチン大統領はウクライナに侵攻した。

  米バイデン大統領は、対露制裁を発動し、欧日はこれに追随し、近年ではこれまでで最も緊迫化している。

 日本にとって一番困るのは、原油価格がバレル100ドルを突破しそうなことだ。

 そうでなくても、4月の物価指数は、スマホの価格引下げ効果がなくなる。これだけで1.48%。これにガソリン、

食料品などの価格上昇を加えると、現在の0.5%が一時的とはいえ3%近くの消費者物価上昇になる。

 企業収益見通しが一挙に悪化するのは当然。最悪の場合を想定して、株安が発生した。

 ルーブルの下落、金融市場でのロシア債へのデフォルト懸念。

 2014年のクリミア半島への軍事侵攻を直感させる。

 私だけではない。第一生命経済研究所首席でエコノミストの熊野英生さんは、「アフターコロナに冷水」

という緊急レポートで、やはり2014年の記憶がよみがえる、と懸念している。

この懸念は無用だろう。ロシアはこの危機で、自国の保有する資源や金の価格上昇で、大きな利益を獲得

する。SAIL代表の大井幸子さんのレポートによると「ロシアの原油生産は一日一千万バレル。十ドル

上がれば毎月30億ドル。金が10%上がれば毎月15億ドルの利益が出る」。マイナスの面はあるが、全体で

は、ロシアは損はしない。

それでもマスコミの危機感の宣伝もあり、危機感は相当なものだ。有事の金買いが発生した。

グラフ

自動的に生成された説明
グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

 

2月21日の金先物相場は1グラム7041円と、2020年8月7日の7032円を抜き、最高値を更新した。

 商品アナリストの小菅努さんは、「有事の金買い」には一定のパターンがあるという。

  1.  有事で認識され始めると金買いがふくらみ、緊張レベルの高まりで買い圧力は上昇。
  2.  有事が具体化すると、さらに金買いが高まるが、同時に材料出つくし感から手仕舞い売りが始まり、

高値波乱相場になる。

  1.  有事が実現し実体が明らかになると、金買いは終わり、手仕舞い売りでジ・エンド。

私はこの「金買いの買い圧力」は株の場合、「危機にからんだ株売り」と読みかえるといい。

つまり③の段階なのだから、売りは終わり。買いあるのみ、ということ。おわかりいただけただろうか?

 小菅さんは、「有事の金買いが終わっても、悲観的になる必要はない」として次の理由を挙げる。

 「エネルギー危機、金融危機は厳存しており、インフレリスクがなくなるわけではない」。やはり、

私の財産の3%は金の現物で持つ、これがおすすめだ。先物はタイミング次第だが、高値は追う必要はない。

 株では何を狙うか

 ウォーレン・バフェットが買った大手商社もいい。ウランの利権関連という魅力もある、

 三菱商事(8058)、住友商事(8053)、三井物産(8031)、伊藤忠商事(8001)、丸紅(8002)。

 いつものように映画のセリフでシメる。

 ボンドがロシアのスパイの美女にいう。

 「君は写真より綺麗だ。」

 「でも口が大きいでしょ」

「ぼくにはちょうどいい」

と言ってキスする。

さて、この下げ相場は、もう2月24,25日で終わった。とりあえず買いあるのみ。

 読者のみなさんは、身の丈にあった投資を。ご自身でよく研究されてリスクはご自分で。

 大きな成果を、どうぞ。

 では、グッドラック!

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「キム・ソンダル大河を売った詐欺師たち」と呆韓(第845回)

  2017・2・12 私は嫌韓も嫌韓、食卓にキムチも出さない。TVの韓ドラも

記事を読む

「株式上場詐欺」には重罪を

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 新規株式上場(IPO)が復調し、1~6月で43社が新規に上場

記事を読む

JAII副理事長 伊藤稔のコラムが、1月19日(木)の日経新聞に掲載されました

『日本経済新聞』2017年1月19日の夕刊に、日本個人投資家協会の伊藤稔副理事長がコラム『十字路』で

記事を読む

調達額60億円!壮大過ぎるカルダノADA
実録・投資セミナー 仮想通貨編【下の㊤】

ジャイコミ編集部 投資セミナーに行けば、販売会社がどんな投資商品を売りたがっているのか、どのような

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「サタデー・ナイト・フィーバー」と12月上旬に襲うNY市場の「ド」か「ドカ」(第1088回)

いまから45~6年前のディスコ全盛時代の火付役の映画。主役のジョン・トラヴォルタはこれでスターにな

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
PAGE TOP ↑