「平家物語」と2025年に起こるかもしれない安保条約の廃止。その後の意外な日本の繁栄。

「平家物語」と2025年に起こるかもしれない安保条約の廃止。その後の意外な日本の繁栄。

2024・2・11(第1212回)

私は5才で祖父のヒザの上で、フリ仮名つきの平家物語を読んだ。祖父の英才教育だったのだろう。それと九九。幼い私にも、繁栄のあとに来る低迷、あるいは滅亡という世の中のきびしさが分かった。

テキスト, ホワイトボード

自動的に生成された説明

アマゾンより>

「もしトラ」が現在、TVのワイドショーでも取り上げられる位、ポピュラーな話題となっている。

しかし、一つだけ日本のTVが紹介しない「もしトラ」の政策がある。日米、日韓の同盟で「タダ乗り」だから廃止する、という項目だ。

関税10%とか移民とかNATO脱退とか、「バイデン一家は牢屋にブチ込む」「日本製鉄のUSスチール買収は認めない」。あるいは中国と北朝鮮とは相変わらずボス交渉で対応する」「腐敗したウクライナはプーチンにまかせる」とか、まあここいらは、ワイドショーでもやっているからご存知だろう。

エコノミストとしての私には「ドル安」の強力な推進。つまり円高の方が大いに気になるのだが。

ただし、私のワシントンのニュースソースは「副大統領候補」が、こうした極端な政策を薄める可能性がかなり大きいという。

冷泉彰彦さんの「プリンストン通信」によると――

①サラ・ハッカビー・サンダース氏(アーカンソー州知事、元ホワイトハウス報道官)

②エリス・ステファニク氏(下院議員)

③マイク・ポンペオ氏(元国務長官)

これらの人がいれば「トランプの毒」を大幅に減少、つまり「解毒剤」になる可能性は少なくない。いや、大きい。

まあ、私はここいらが希望になる。

やはり、日米同盟がなくなれば「中国の植民地になる」という恐怖が、

日本中をおおう。株安? いうまでもないでしょう。

日米同盟の廃止が起きない、という前提で話を進める。

当然、インバウンドと高速半導体で日本は大復活する、というストーリーは変わらない。

面白い話を、この日本全体の「上り坂」にからんで紹介しよう。

双日総研の吉崎達彦さんは、私の親しい方だが、40年ごとに上り坂、下り坂を迎えるという説だ。

①1868年から1904年(明治維新から日露戦争まで):上り坂

②1905年から1945年(日露戦争後から第2次大戦の終戦まで):下り坂

③1946年から1985年(戦後からプラザ合意まで):上り坂

④1986年から2025年まで(バブル経済の打撃の治療期):下り坂

⑤となると、2025年から上り坂、というコースとなる。

テキスト

自動的に生成された説明

アマゾンより>

株ですか? 若林栄四さんの近著『2028年までの黄金の投資戦略』によると――

「3万8239円をこえると、2031年には6万6000円、あるいは7万5000円」

「2037年には10万円狙い」

一方、円の対ドルレートは「最終的には1ドル72~65円」

さて、ごく目先。チャートからも外国人買いからも、銀行株。大手銀行の出遅れ。加えて地方銀行のいいところが、いい。

例えば大手ではみずほFG(8411)、りそなHD(8308)、地銀では九州FG(7180)、十六FG(7380)、ひろぎんHD(7337)。

では、皆さん、GOOD LUCK!

★新刊発売中!★

『日本経済大復活 GOLDEN CHANGE』(Gakken)

テキスト

低い精度で自動的に生成された説明

(今井澂著、216ページ、1600円予定)

2024年からの日本経済は「ゴールデン・チェンジ」と呼べる大変化を遂げ、半導体やインバウンドを牽引車に成長路線に回帰します。日経平均株価が6万円を目指す流れを詳細に解説しています。オススメ10銘柄つき。通刊50冊目の記念の書です。是非お買い求めください(→アマゾンでのご購入はこちら)。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「グッドモーニングショー」と円・株相場の今後と作戦

  2016・10・16 私はもうずいぶん昔のことになってしまったが、TBSの「

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「さらば愛しき女よ」と大予想を的中させたスーパーマンの紹介。日銀ETFと国民の大儲け。そして近く発生する大暴騰。そして近く発生する大暴騰。(第1148回)

そして近く発生する大暴騰 7月24日に愛妻 扶美子を失って4ヶ月。  夜寝る時に「夢で

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「パラサイト 半地下の家族」と安倍・トランプ・中東・株価(第994回)

 韓国が嫌いなので本当は見たくはなかったのだが、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞して、

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「北北西に進路をとれ」とトランプ発言と秋の株安材料

  2018・1・28 ご存知ヒッチコックの傑作で、サスペンス物の中の「巻き込

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

シェイクスピア「マクベス」とこれから始まる中国の覇権戦争勝利と、ここで狙いたい銘柄 第1038回

 「キレイは汚い、汚いはキレイ」と唱える三人の魔女の予言に導かれて、主君ダンカンを暗殺して王位を奪

記事を読む

PAGE TOP ↑