「ベルサイユのばら」と、私によく寄せられる質問。「日経平均は3月に4万円の大台を回復した後モタついているが、なぜか?」

2024・6・2(第1227回)

「宝塚のベルばら」といえば、美しいメロディの歌とダンス、それに恋物語がからむ。原作者の池田理代子さんには私の番組「今井澂の美女と野次ウマ」で、ウラ話を聞いたので特に思い入れが強い。

<宝塚歌劇の公式HPより>

ストーリーは入り組んでいるので省略するが、一面として権謀術数やウラ切りの物語でもある。

今回の4、5月とつづいている整理相場のうちに「早く日本人にカラ売りをさせよう」という目的がかくされているように、私には思えてならない。

さて、今回の首題であるモタつきについて述べる。3月22日に4万1087円の高値をつけた後、下落に転じている。

5月31日は「3万8487円」で引けた。この値が一目均衡表での下落トレンドを示すように見える。

しかし、いちよし証券の高橋幸洋テクニカルアナリストによれば「フェイク」だという。

一部の投資家が3万8000円のコールを大量に買っていた。値がさの半導体関連を売り叩いて日経平均を押し下げ、日本人のちょうちん売りを誘う作戦だ、と高橋さんは言う。私も賛成だ。

証拠として、銀行株と防衛関連は売りが出ず、しっかりしている。

一部のマネージャーたちは「政治不信」をいうが米国も同じ。解散、総選挙になれば、買いに転じる。

では銘柄は? 銀行大手と防衛がいい。

防衛は、長期的には防衛費はGDPの2.5%まで上昇すること確実。PERは少し髙いが三菱重工業(7011)がいい。

※筆者入院のため、次回からしばらく休載します。

★新刊発売中!★

『日本経済大復活 GOLDEN CHANGE』(Gakken)

(今井澂著、216ページ、税抜き1600円)

2024年からの日本経済は「ゴールデン・チェンジ」と呼べる大変化を遂げ、半導体やインバウンドを牽引車に成長路線に回帰します。日経平均株価が6万円を目指す流れを詳細に解説しています。オススメ10銘柄つき。通刊50冊目の記念の書です。是非お買い求めください(→アマゾンでのご購入はこちら)。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「セルフレス/覚醒した記憶」とドイツ銀行とノーベル賞

 2016・10・9   すべての老人がもう一度青春時代に戻りたいという願いを

記事を読む

no image

【投資初心者必見】資産を大きく育てるはじめの一歩

スポーツでも芸ごとでも、一流になる人はほとんど習い始めた時期が早い。これは外国語でも勉強でも同じだ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「お嬢さん」と防衛と難民の財源

   2017・3・12 面白いよ、とすすめる知人がいて私としては珍しく韓国映

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「こんにちは、母さん」と第2次トランプ政権とウクライナ停戦。そして日本株。NYの意外高

映画「こんにちは、母さん」と第2次トランプ政権とウクライナ停戦。そして日本株。NYの意外高

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

「脱炭素」は間違った政策だとする注目すべき研究の紹介(第1068回)

 私が以前から指摘して来た暗号資産のインチキ性について、ようやく米国政府や米国の世論が動き出した。

記事を読む

PAGE TOP ↑