暗号資産の歴史と進化

暗号資産界のいろいろ 第1回

暗号資産(仮想通貨、ビットコインなど)にはたくさんの種類があり、新しいコインを誰でも簡単に発行することができます。

しかし人々に知られ、使いたい、保有したいなどの需要を起こすことができ、流通するものはビットコイン、イーサリアムなどごく僅かです。

これまで無数の暗号資産が登場し多くが消えていきました(デジタル情報としては残っていても通貨としての価値、意味を失ったものも)

2009年にビットコインがこの世に生まれてからどのような流れがあったのかおおまかに振り返ってみましょう。

2008年、オンライン掲示板にビットコインという仕組みについて述べた論文が掲載されます。この時点ではこの論文はアイデアの提示であり、デジタル情報、プログラム、そして通貨の残高としてのビットコインはまだ存在しません。

2009年、ビットコインのアイデアを実現しようとしたプログラマーを中心とした人々によってビットコインがプログラムとして生み出されます。これが稼働した時点で「ビットコイン(の残高)がこの世にある」という状態になります。

その後、ビットコインがトレードできる株式でいえば証券会社に該当する事業が誕生し、徐々に取引量が増えていきます。

ビットコインを多くの人が知るきっかけになったのはマウントゴックスでの資金流出や支払い停止のトラブルではないでしょうか。これは日本に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)の取引所で一時は世界最高レベルの出来高を持っていました。

しかし管理の不十分さから多額のビットコインが流出し、利用者からの預り金を返せなくなってしまい、結局同社は倒産しています。

この後2014年あたりから国内でいくつかの暗号資産の取引所ができ、今では暗号資産は誰でも簡単に取引ができるものになっています。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「イコライザー THE FINAL」と「有事の金」の有効性。そして私の株価見通し

映画「イコライザー THE FINAL」と「有事の金」の有効性。そして私の株価

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「TITANE/チタン」と、米国のひとり勝ちと、これに対抗するロシアの金本位制。私の強気(第1111回)

2021年カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を獲得したフランス映画。韓国映画「パラサイト 半

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」と信頼するベテラン二人のN Yダウ平均とNASDAQ、日経平均の底値予想。そして私の強気 (第1100回)

一週間で興行収入12億円、観客50万人を動員した大ヒット作。私は長澤まさみのファンなので、早速、観

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「THE CREATOR/創造者」とトランプ第2期。岸田政権の寿命。そして注目株

映画「THE CREATOR/創造者」とトランプ第2期。岸田政権の寿命。そして注目株 202

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「翔んで埼玉」と日韓関係と3月買い場

私の生まれは江東区深川清澄町だが、小、中、高と埼玉県浦和市、現在のさいたま市浦和区で育ったいわば準埼

記事を読む

PAGE TOP ↑