映画「かくも長き不在」と本格的な「良い円安時代」の始まり。そして私の強気。(第1119回)

カンヌ映画祭でグランプリを取った秀作。1961年の作品で、キネマ旬報の外国映画部門の第1位。黒澤明監督のベスト100本にも入っている。

「第三の男」のあの若く美しかったアリダ・ヴァリが中年女となって、戦争中にナチスに逮捕された夫を待っている。

パリの下町、セーヌの近くが舞台。

そこに年寄りの浮浪者がパリにやって来る。一目で夫と見た主人公は、声をかける。

しかし夫と見られる似た浮浪者は、頭に手術され、記憶を失っていた。

一緒に踊ったり、好きだったオペラ(「セビリアの理髪師」)の歌を歌ったりする。

最後に、浮浪者が多くの人に、昔の名前で呼ばれると、両手を上げる。

これで一瞬のうちに、この人がどんな扱いをナチスから受けたか分かる。

戦後、1ドル360円のレートは、再建する日本を助けるためのかなりな円安レートだった。

ところがわが国が急速にGDP第2位の経済大国にのし上がると、日本は敵対国扱いされ、1ドル75〜6円の円高となった。

これが、新冷戦になると、同盟国扱いとなり、かつては円安になると米国側は問題視したが、今は、お構いなし。「かくも長き不在」である。なにしろ30年か40年ぶりの円安時代に入ったのだから。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, グラフ

自動的に生成された説明

チャート1に示した通り、為替市場の取り組みもドル高円安を示している。

金利差を考えたら当然。

10%の円安は5%収益を上げる。年度でいうと、2022年度はTOPIXベースでは5%近辺の増益だが、現実の円レートを見ると2桁は必至。20%ぐらいではないか。

これもチャートをご覧ください。

グラフ, 散布図

自動的に生成された説明

6月10日から外国人観光客の受け入れが再開された。

コロナ騒ぎの前の2019年当時のインバウンド需要は4.8兆円もの巨額に達した。

今回はどうか。

1万人から2万人への外国人観光客のワクが拡大される。添乗員同行のパッケージツアーに限られる。いずれも大幅なものになるだろう。

6月の経済効果は、年換算で16.2兆円。5月の1兆円からほぼ倍増すると、野村総研のエグゼクティブ・エコノミストの木内登英さんは推計している。(以上全ての数字は同氏による)

すでに韓国では、前景気は上々。欧州が戦乱の影響もあり、世情は落ちついていない。

ここ3年で30%下がった円安のおかげで、治安の安定、どこに行っても観る所のある日本の観光の魅力は倍増している。

グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

チャート3をご覧になると、落ち込んだインバウンド需要がいかに大きいかがよくわかる。

私は以前から、「円安のメリットが、人々の実感になれば、悪い円安説は一掃される」と主張してきた。あと何ヶ月かすれば、みんなが円安メリットを謳歌するようになる。

幸い、大阪万博もあるし、札幌五輪も十分期待できる。

以前から繰り返し述べたように、新冷戦そのものが大チャンスなのだ。

米国の市場の乱高下を気にする方々が多いが、私に言わせればナンセンス。

向うは金利引き上げ時代で、インフレ懸念からドル安大歓迎。

こちらは3月9日のセリングクライマックスで2万4000円台。当面はこれが大底と考えていい。

加えてPERの割安さ、企業収益の上昇の期待は大きい。

私は4万円目標を捨てない。

私は強気だ。

なお嬉しいことが3つあった。

岸信介さんが設立したほぼ50年にわたる歴史をもつ「協和協会」の理事になった。

また6月30日、紀尾井フォーラム(ガーデンコート1階)で開かれる武者陵司さんと宮田直彦さんのセミナーに、ゲストとして招待された。

最後に、私のファンの方から、結婚披露パーティに招待された。

多忙だが、都合をやりくりして出席するつもりだ。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「シャレード」と米国の金利見通しとNY株高。ただし中国の軍事演習の平和裏の完了の条件(第1127回)

私はスタンリー・ドーネン監督、ケイリー・グラント、オードリー・ヘプバーンのトリオの大傑作を

記事を読む

こんな金融商品にご用心
実は高いクラウドファンディングのリスク
未公開株の解禁は時期尚早【下】

楠本 くに代 金融消費者問題研究所代表 前回、英国の金融規制機関であるFSA(現FCA)が、かねて

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ソロモンの偽証」前後編と「植木屋の地震」のその後
今井澂・国際エコノミスト

今週は北野武監督の「龍三と七人の子分たち」を楽しみながら観た。8月で80歳になる私としては、ジイさん

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「燃えよ剣」と韓国の没落。すでに始まっているのにご本人たちは気づいていない(第1087回)

司馬遼太郎のベストセラーの映画化。岡田准一のアクションも演技も素晴らしかった。充分におカネをかけた

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】 映画「グランド・イリュージョン見破られたトリック」とトランプと中国

   2016・7・31 一昨年、世界的ヒットとなったマジック映画の続

記事を読む

PAGE TOP ↑