2024年からはじまった新NISAをわかりやすく解説

公開日: : マーケットEye

2024年からはじまった新NISAをわかりやすく説明

2024年からこれまでのNISAに代わり新しい制度が導入されました。
新しいNISA(2024年開始)の制度について簡単に説明します。

新NISAには

つみたて投資枠」と「成長投資枠」の二種類があります。

この2つの制度を簡単に説明すると

つみたて投資枠

年間最大投資額120万円までなら非課税で資産運用ができます。

成長投資枠

年間最大投資額240万円までなら非課税で資産運用ができます。

合わせて年間最大投資額360万までなら非課税で資産運用が可能となる制度です。

非課税保有期間

いずれも無期限となり何年経っても運用益に税金がかかる事はありません。
但し、「非課税保有限度額」というものがあり投資額が合計で1800万円を超えると税金がかかるようになります。

この非課税保有限度額とは

つみたて投資枠は600万円が上限

成長投資枠は1200万円が上限

とされており、合計で1800万円が上限という事になります。

要するに

つみたて投資枠で年間120万円、成長投資枠で年間240万円と限度額いっぱいまで投資し続けた場合
5年で1800万円に到達するのでそれ以上継続して投資を行う場合は税金がかかるという事です。

新NISAの口座開設について

2024年1月1日以降いつでも開設が出来ます。
また、NISA口座開設の期限などはありません。
これからはじめようと思っている方もいつからでもはじめることが出来ます。

新NISAはどこで開設する?

NISA口座は各社証券会社および金融機関の投資信託口座開設窓口やWeb申込から開設することが出来ます。
NISAは投資信託と同じ物ですが、NISA口座(非課税投資枠)と明記されているので間違えないように気をつけてください。

最後に

NISAの投資対象商品について

新NISAの投資対象商品は投資枠毎に対象要件が定められています。

①つみたて投資枠の対象要件
「積立・分散投資に適した一定の投資信託」

②成長投資枠の対象要件
「上場株式・投資信託等」

となっています。

旧NISAの制度とは違い長期運用に向いてない銘柄やハイリスクハイリターン型の高レバレッジ商品などは対象ではありません。

尚、具体的な各種対象商品については下記サイトの一覧表で確認できます。

つみたて投資枠対象商品 : 金融庁

成長投資枠の対象商品 – 投資信託協会

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「検察側の罪人」と魅力的なマザーズ市場の注目銘柄

2018・8・26 原作はかなり前に読んだが、映画はずいぶん内容が書き加えられて、原田真監督の

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」と、3万円大台を達成しても動かない個人投資家

映画「憧れを超えた侍たち 世界一への記録」と、3万円大台を達成しても動かない個人投資家 20

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ドント・ブリーズ2」と3万円大台達成は単なる通過点と見る理由第1080回)

前作「ドント・ブリーズ」は大ヒット。見ていない方はDVDでどうぞ。もちろんホラー映画が好きな方に限

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

「アナ雪」と乱高下する市場でうまく立ち回る妙手
今井澂・国際エコノミスト

今週は「パリよ永遠に」を見たが、いかにも舞台劇で、しかもジイさん二人の会話中心。出来は良かったがかつ

記事を読む

ドル円相場が荒れないならいずれ株価は上がる

日本個人投資家協会 理事 木村 喜由 Vol1334(2015年9月24日) まさかのフ

記事を読む

PAGE TOP ↑