「 有料記事 」 一覧

【上級者向き】証券会社への逆風は続く

2019/05/31 | 有料記事

証券会社の2019年3月期決算が出そろった。12月期決算の楽天証券を除く主要13社の業績は、純営業収益が2018年3月期比17.3%減の2兆8508億円、純利益が同84.0%減の882億円だった。株式も投資信託も顧客の動きが鈍く、SBI証券を除く12社が減益だった。対面営業の証券会社では顧客の高齢化が進んでおり、ビジネスモデルの再構築が急務だ。 最も厳しかったのが最大手の野村ホールディングス

続きを見る

【上級者向き】まだ「よい形」は崩れず、好材料待ちの形勢

令和に入り外国人売りは累計2兆5千億円、でも下げ渋る テクニカル分析の立場では本日の動きは重要だった。米国主要3指数が揃って5月の最安値を更新するところを、東京は14日の安値を割らぬまま午前中で安値を打ち大引けは本日最高値で引け。TOPIXは先週より10ポイント低いがすぐにも挽回可能な形で、安値圏には着実に買い物が入ってきていることが判る。 これまでは外資系の先物売りと小型株ファンドと見ら

続きを見る

【上級者向き】薄商いでTOPIX主導型の上げはよい兆候

計算上は心配ずるより買ってしまった方がトクかも 前回書いたように、筆者は昨年12月を底とするTOPIX中期サイクルの安値を6月中に迎える公算が強いと考えているが、もし今週を堅調に通過することができれば、この想定を変更する理由が強く浮上してくる。その修正案1は、3月8日の安値1570で早めに中期サイクルが底入れしており、その後新たな中期サイクルに入っている。修正案2は、平均より1か月長い期間で終了

続きを見る

【上級者向き】ファーウェイ排除問題の裏にある、中国の国家情報法

排除が長引くと5G普及が遅れ、世界的な大損失が必至 筆者のスマホはファーウェイ製である。2年前に2万円台で買ったが価格も性能も素晴らしい。だが同社の本当の強みは消費者向け製品ではなく、通信インフラ系における抜群の開発力と低コストである。過去10年間の研究開発費は700億ドル・約8兆円、開発要員はなんと8万人、昨年の国際特許出願数は5405件で世界一である。 昨年の世界研究開発費ランキング(

続きを見る

【上級者向き】今期は小幅増益の予想です!!

米中問題深刻化、中国の中程度の金融混乱を見込んで 本日の損保3社の発表をもって225銘柄の決算発表は終了した。18日の日経報道では、決算期変更を除く3月期決算企業(除く金融・新興市場)ベースでは、終わった期も今期予想も小幅減益となっていたが、筆者が集計している225採用銘柄の年度ベースでは、今年度4.1%増益となった。 筆者の予想前提はドル円は112円、金利は横ばい、原油がWTI57ドルで

続きを見る

【上級者向き】米がファーウェイ全面排除したら5G投資は大幅に遅れる

対中貿易交渉に向けて強烈な牽制球だが、米国にも被害甚大 トランプ政権が中国の通信機器巨大企業ファーウェイに対し、実質的に米国が同社の製品を買ったり、製品・サービスの禁輸措置を取ったことは、各紙で大きく報じられているが、同社は次世代無線通信規格・5Gの中核的インフラとなる基地局ではダントツの首位であり、これを米国が継続し続けた場合、米国の通信会社にとって設備投資費用が大幅に膨らむうえ、主要都市への

続きを見る

【初~上級者向き】 幸田昌則の不動産耳より情報<2019年5月号>

最近の話題 賃貸住宅メーカーのレオパレスの施工不良問題が、マスコミで度々報道されているが、国土交通省は、年間で1千戸以上の賃貸住宅を供給する大手企業を対象に、実態調査を実施する。設計図通りの施工が行われているかどうかについて、各社がどのようにチェックしているのか、実態の把握に乗り出すことにした。 レオパレスの賃貸住宅では、法定仕様を満たさない物件は既に千棟を超え、賃貸オーナーの経済的、心理的な

続きを見る

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑