「 有料記事 」 一覧

平成の30年、最下位は空運株

2019/04/23 | 有料記事

5月1日の新天皇の即位で年号が「令和」に変わる。平成の30年間が株式相場にとってどんな時代だったかを振り返ると、平成元年(1989年)末に日経平均株価が過去最高値を付けた後、歴史的な調整を余儀なくされ、復活も道半ばといわざるをえない。東証業種別株価指数(33業種)では精密機器が最も値上がりした一方、空運業が最悪のパフォーマンスを記録した。 日経平均の最高値は3万8915円87銭で、バブル崩壊

続きを見る

【上級者向き】幻(まぼろし)のような相場

短期的・刹那的な投資行動ばかり目立つ 日経225の数字は上がっているが、ほとんどの投資家は不快な気分でここ3か月を過ごしているのではないか。それは最近の買いが通常の投資家があまり持たない銘柄に集中し、比較的投資価値の高い「まじめな」銘柄は大方が横ばいか値下がりしているからだ。投資主体別動向の解説で毎回述べているように、年初以来、外国人は現物売り・先物買いでほぼイーブン、個人は1.5兆円の売り越し

続きを見る

【上級者向き】連休中に「お化け」が出る可能性が否定できない

薄商いの中で大手ヘッジファンドがやりたい放題 筆者は相当精密に各市場の動きやその理由をウォッチしているつもりだが、ここ3か月ほどたびたび書いているように、主要経済指標の動きと食い違った市場の動きが目に付くようになり、しかもそれがここ1か月ほどは一段とその程度がひどくなっていると感じる。 マーケットで動きがある場合、大半は報道事実を必死に分析して妥当価格の見直しが行われ、着地点と現在価格に差があ

続きを見る

【上級者向き】分の悪いオッズ、不人気割安株だけ買ってよし

今後下落するリスクの高い銘柄ばかり上がっている 12日現在、日経225は12月安値を付けて以来の戻り高値を更新している。だがその内容は非常に偏っており、昨年末比で9.27%上昇に対して225寄与度上位10銘柄は15.7%、上げ幅1856円に対し1037円を占めている。かといって裁定取引や225型ETFが中心というわけではなく、ヘッジファンドが225インデックスの吊り上げを画策して動いている風に見

続きを見る

【上級者向き】半導体関連・設備投資関連株はいずれ大きく下がる

最初のテストは週明けの安川電機の株価動向 本日引け後は特に注目度の高い2社の決算発表があった。1社はユニクロ。225指数寄与度が9.35%と最大で、最近の値動きを見ても、全体の動向に関係なく明らかに指数そのものを意図的に操作する魂胆があるようにしか思えない。柳井一族と225ETFや裁定取引などのインデックス関連の保有を除外すると、市場流通株式は数百万株程度しかない極端な品薄銘柄。まあ決算数字がよ

続きを見る

【上級者向き】大阪都構想に向けて2歩前進

大事の変更には十分検討に時間を掛けるのが正解 統一地方選の結果、首長選で最も注目を集めていた大阪府・市の入れ替え選挙は、事前予想を上回る差がついて大阪維新の会候補が勝利し、府議・大阪市議選でも優位を占めた。だがこれで同会の目論見通り、大阪都構想が一足飛びに実現するわけではない。都構想を実現するには素案をまとめ、最初に法定協議会での決議、第二に府議会と大阪市議会での住民投票認可の決議、第三にこれら

続きを見る

【中・上級者向き】「東証1部再編」は抜本的に

東京証券取引所(東証)は3月27日、「市場構造の改革に向けた論点整理」を公表した。現在東証は「東証1部」、「東証2部」、「ジャスダック」、「マザーズ」の4つに分かれているが、 区分のコンセプトがあいまいだとし、明確なコンセプトのもとで制度を作り直すとしている。 現在どのような弊害が生じているかというと、東証1部の銘柄が玉石混交となっている点が大きいだろう。そのせいで投資家、とくに海外投

続きを見る

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑