「 マーケットEye 」 一覧

【上級者向き】中期サイクルが上昇局面に入った公算大

リスク要因残ったままだが株価チャートは夏の高値更新を示唆 北朝鮮に対する政策措置は、全会一致合意を目指した米国がこれ以上ないほどの大幅ディスカウントで中国とロシアの賛成を取り付けたため、予想に反してスムーズな決着を見た。石油禁輸には程遠く、金正恩個人に対する制裁措置もカットされており、実効性は大いに疑問だが、中国が共産党大会(10月18日からと決定)前に米朝衝突を何としても避けたい意向が強く、取

続きを見る

【上級者向き】戦機次第に熟すも、買い焦りは禁物

米朝軍事衝突も視野に入れつつ、好買い場を待つべし 北朝鮮がミサイル実験に続き水爆実験に成功したとの報道により、北による米直接攻撃のリスクは一気に増大した。ICBM(大陸間弾道ミサイル)による米国への核攻撃は、降下時に発する7千度の高熱に耐える素材がないため、現時点では不可能だが、地上500キロ以上の高空で爆破させ、強烈な電磁波を5000キロに渡って放射し、電力・通信システムや脆弱な電子機器類を麻

続きを見る

【初・中級者向き】映画「博士の異常な愛情または私はいかにして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」と「北」水爆の解決

  2017・9・10 1964年の名匠スタンレー・キューブリックの傑作。62年のキューバ危機の直後に制作され、ブラックコメディの極致と評されている。主演で三役を演じるピーター・セラーズがすごい。 米国空軍のある基地でジャック・リッパー将軍は勝手な判断で爆撃機34機にソ連への出動命令をかける。緊急時マニュアルに従い外部情報から遮断、空軍基地に接近するものには敵の

続きを見る

【上級者向き】中国が石油禁輸に協力しなければ米が北朝鮮攻撃へ

EMP(大気圏外核爆発)攻撃の示唆だけでも米国は動くだろう 米国は国連に北朝鮮への制裁強化策として、石油の禁輸と金正恩氏らの外国金融資産凍結の決議を求めた。これは経済的に息の根を止めることで北朝鮮に翻意を促す行為だが、中国とロシアは拒否権を行使するのが明らかであり、実効は期待できない。しかし昨報した通り、北朝鮮が最終目標とするICBMによる核弾頭の大気圏突入にはまだ至ってはいないものの、その成功

続きを見る

【上級者向き】北朝鮮問題との付き合い方

崩壊は時間の問題としても、紆余曲折の道筋により影響度は大きく異なる 北朝鮮は8月29日に米軍基地のあるグアム島向けを意識したミサイルの実験に成功した後、9月1日に70キロトン級(広島原爆の約5倍規模)の地下核実験を成功させた。核実験の準備は事前に察知されており、驚く話ではなかったが、ミサイル実験直後というタイミングと規模には驚かされた。年初から振り返ると明らかに北朝鮮は核とミサイルの開発速度を大

続きを見る

【中・上級者向き】 投資の羅針盤 増える株主提案に「物言う株主」の活性化を期待

今年の6月株主総会の最大のトピックスは、株主提案の大幅増加と一提案の可決であった。一方で、会社側提案の総会議案への賛成比率の低下傾向が続いている。 このような株主総会での「物言う株主」の動向をどう評価すべきか、具体的な事例に基づいて考えてみたい。 株主提案は過去最高を更新 2017年3月決算会社の提示株主総会における株主提案は、40社・212件となって、社数・議案数ともに過去最高となった

続きを見る

【初・中級者向き】外国人投資家の安倍首相評価と投資作戦

  2017・9・3 今週、私はもっと多くの読者に知っていただきたい外国人の対アベノミクス観をご紹介します。私が長い間存じ上げているピーター・タスカさん。クラインオート・ベンソン証券のあとアーカス顧問を設立した日本通です。日経のアナリストランキングでずっと1位だった人です。英文ニュースオピニオンサイト「JAPAN FORWARD」に、またサンケイビズ8月28日に掲載されました

続きを見る

PAGE TOP ↑