東京金融取引所と合同セミナーを開催しました

公開日: : 最終更新日:2016/04/25 お知らせ, 協会ニュース, 無料記事 ,

今年で3回目となる東京金融取引所との合同セミナーを10月8日、同取引所内の大会議室で開催しました。

この合同セミナーは東京金融取引所が「くりっく株365」の普及を目的として行っているものですが、日本個人投資家協会(JAII)としては個人投資家に対する啓蒙活動の一環になるとの考えから共催しております。

東京金融取引所との合同セミナー(15年10月8日)
約70人が参加したセミナーは、まずDZHフィナンシャルリサーチの野口文高シニア・アナリストが登壇。「歴史の中の株価指数」と題し、人口やGDPの長期推移などのデータをもとに各国株価の動向を解説しました。

続いて、東京金融取引所・証拠金営業グループの担当者の方が「くりっく365」の商品概要を説明。「くりっく365」と同様に日経平均株価指数を投資対象とする日経225先物や日経平均連動型ETF(上場投資信託)との違いをアピールしました。

JAIIからは伊藤稔副理事長と木村喜由理事が講師に

当協会からは伊藤稔副理事長と木村喜由理事が講師を務めさせて頂きました。

伊藤副理事長は投資環境を巡る四方山話を披露。「ヘタにプライドがある人は株式投資がダメ。投資環境が変わったとしてもなかなか手放せないから。その点で男性は往生際が悪い反面、女性は『捨てる選択』が容易にできるので上手」との持論で会場を沸かせました。

木村理事は先進国の代表的株価インデックスと比べて、日経平均の値動きが激しい点を指摘。「日経平均の比重上位はユニクロ、ファナック、ソフトバンクなどの6銘柄。これで25%を超える。これらの上位銘柄を大手ヘッジファンドなどが攻撃すれば日経平均は動く。国を代表するインデックスがこんなにやわでいいのか」と述べました。

また、「ギャン理論」(テクニカル手法の一種)をもとにしたTOPIXのチャートを示し、今後の展開についても言及しました。

09年3月をゼロに毎週4ポイント上昇させたライン(下図にある09年3月を始点とした濃い青の右斜めに引かれた線)は、直近安値1371だけでなく、12年央の安値、昨年の安値の支持線になっています。
強い相場ならこの線に沿って反発、弱い相場なら幅の広いレンジ相場になるとのことです。

TOPIXとギャン

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「続・夕陽のガンマン」と米中貿易交渉決着と「その次」 

(第959回)2019・4・21 1966年のこのマカロニ・ウエスタンの傑作を。私はまずボストン、

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

ロバート・B・パーカー「失投」とトランプ氏最後の賭けの失敗と私が2021年で儲けなければ一生ダメ、という理由 (第1042回)

 もう85歳で体力がないので、往年の思い出だが、30年代後半~50代まで、私は月に40冊の本を読ん

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」と、タイタニック・シン ドローム、そして仏大統領マクロンの発言と金価格 (第1074回)

1874年にヴァイオリンの超名人でスペイン国籍のサラサーテが作曲し た名曲。鈴木清順監督が同

記事を読む

基本の話by前田昌孝(第4回)

 よく株式投資と資産形成との関係について、「株式は短期的には元本割れのリスクがあるが、長期的に取り

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「パラサイト 半地下の家族」と安倍・トランプ・中東・株価(第994回)

 韓国が嫌いなので本当は見たくはなかったのだが、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞して、

記事を読む

PAGE TOP ↑