映画「ディーパンの闘い」と円高・株安のHF仕掛け

公開日: : 最終更新日:2016/02/29 マーケットEye ,

第68回カンヌ映画祭で最高賞を獲得した秀作。難民が滞在を許可されたのちに文化や環境、言語の違いで直面する差別やアツレキ。そこから発生する暴力的破壊を取り上げている。監督は「真夜中のピアニスト」のジャック・オディアール。

26年間も続いたスリランカ内戦の「タミル解放の虎」の兵士で、政府軍との戦闘で妻子を失ったディーパンは赤の他人を妻と娘と偽りフランスにのがれる。審査を何とか通りパリ郊外の集合住宅に住み、主人公は団地の管理人、偽の妻の家政婦、娘は学校に。

この団地は麻薬密売組織の拠点でリーダーは妻が世話する老人の甥。そこから三人は抗争に巻き込まれてゆく。ディーパンは自分の中では終わっている闘いを再開しなくてならない。スリリングな展開だ。

まだ名前のない暴落は秋に終わる

昨年末からの世界的株価暴落は何とかショックという名がついていない。世界的なテールリスクつまりブラックスワンがいくつもあるからだろう。

みんな原因は外国。中国?中東?米国のジャンクボンド?日本は国債への中国買いによる円高、中東SWFの日本株売り。そして両方を加速化拡大化したのがヘッジファンド―という構図だ。私が恐れている欧州の大手銀行の「第二のリーマン」化で不安が顕在化して終わりになるのだろう。時期は9月のドイツの選挙後と考える。

そのあたりで円高、日本株売りが完全に終了。日経平均「3万円以上」まで長期上昇が続くと私は確信をもって予想する。

円高株安で買いチャンスが来る

目先は「円高・株安」の“ジャパン・トレード”のウラ返しが進行するだろう。円の対ドルチャートで見ても、2014年以降の動きは「ヘッド・アンド・ショルダー」つまり三尊型の天井。最安値は昨年6月の125円で、あるチャーチストは1ドル105円というオソロシイ値を予想している。

つまり長期ドル高円安は終わった可能性が大きい。本来円安になるはずのマイナス金利が効果を出す前にかなりな円高が起きる。

では日経平均は?去る2月の1万5000円割れでセリング・クライマックスは終了した。また、中国人民銀行総裁の発言から推しても、とりあえず終わりだろう。ただし、ヘッジファンドの円の買い持ちは、2012年以来の高水準で、まだ大もうけを狙っていることはお忘れなく。

株価に話を戻す。産油国のSWFの株売りだ。

昨年のSWFの売りは(もちろん米国中心だが世界的に分散)2133億ドル。2016年4月に原油価格43~40ドルと仮定するとある専門家は4000億ドルの売りがあると予想している。ことし1,2月のようなことはないだろうが、5匹のクジラが頑張っても、市場の7割を占めている外国人の力は無視できない。

日本株の動きは円建てNYダウと酷似している。米国株の動き次第ではPERやPBRで割安水準に達しても、なお売られることも、あり得る。そこは買いチャンスととらえたい。

結論。

ミセス・ワタナベは円売りドル買いはおやめなさい。株の方は案外維持コストが高いが、日経ベアのETFをタイミングを観て狙うのもこうした時期には一策に違いない。またSWFの持っていない小型、または低位銘柄で業種の良いものを狙うのも、いい。

普通なら映画のセリフから、なんだけど今回は「難民」という大テーマのトレビアを。兵頭二十八さんのブログからの一部引用です。

TVに出る「難民」の正体は政治難民ではなく貧困ですらない、密入獄ブローカーに大金を払い、国境での官憲の詰問への答え方も教えてもらう。中東、アフリカ、欧州では「人間密輸」ビジネスはすでに昨年10億ドル産業になっている。

またTVが報じる「難民」の二割がシリアからで残り7~8割はかせぎのチャンスを求めてきている若い男たちの偽難民はリピーターも多く、西欧では必ず指紋と虹彩をとって入国管理局と警察で共有している、とか。

あとオマケだ。

遺体を焼くときの音楽がヴィヴァルディの「ニシ・ドミヌス」第4番「主は愛する者の眠りを与える」。これはいい曲で007の「スペクター」でも使われていた。

映画「ディーパンの闘い」と円高・株安のHF仕掛け(第815回)

今井澂(いまいきよし)公式ウェブサイト まだまだ続くお愉しみ

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「フェイブルマンズ」と欧米の銀行の破綻。(第1164回)

高値比半分になった小麦、そして今回の「ドカ」の行方 人間、歳をとりたくないものだ。誰でも加齢

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「マイ・インターン」と郵政公開と市場の今後

心温まるお勧め作品。ナンシー・マイヤーズ監督は古いハリウッド・コメディの雰囲気を復活させた。

記事を読む

日本とギリシャ、同じ?違う?
アベノミクスは日本国の事業再生計画
五味廣文・元金融庁長官【上】

ジャイコミ編集部 2月25日、日本個人投資家協会の創立20周年記念セミナーが開催されました。

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「天井桟敷の人々」と「脱炭素」という誤りのために消費税20%に当る負担を負うわが国。そしてバフェットの買った商社株(第1105回)

「天井桟敷の人々」は、映画史上屈指の名作の一本。高校時代に観た時の感動は忘れない。 私が最近

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「レッド・クリフ Ⅰ、Ⅱ」と対露戦略で人為的に下げさせられた原油価格。同盟国としての日本に投げかけられた美味しいエサと重荷  (第1129回)

1900年前の「三国志」つまり魏・呉・蜀の物語は誰も知っている。権謀術数に満ち満ちたストーリーは誰

記事を読む

PAGE TOP ↑