「川中島の戦い」と売り方買い方の先読み合戦と私の強気(第1070回)

公開日: : 最終更新日:2021/07/04 マーケットEye, 中級, 初級, 無料記事 ,

川中島合戦は計五回行われているが、今回、最も有名な第四次合戦を取り上げた。

二万の武田勢に対し一万三千の上杉勢。信玄はキツツキ作戦をとる。六割に当たる一万二千を妻女山の上杉の陣営に派遣、山から下りてきた上杉勢を川中島の信玄本隊が挟み撃ちにする、という作戦だ。

前提条件は上杉勢がこの作戦に気が付かないことだった。

ところが武田勢の炊煙の多さから、上杉謙信は、襲撃を察知。

夜間に川を渡って、霧が晴れると同時に攻撃を開始。何と信玄と謙信が軍配と太刀で対決する、という誰にも予想しなかった事態にまで発展した。

武田方の方から見ると、予想は全く外れた。

 では、この例を今回の相場に例えれば、どうなるか。

 私の見るところ、売り方は外人投資家、つまり「外れ屋」にあたる。それが6割を占めているから本来は、もっと下げていてもおかしくない。

 先物、現物を合わせると昨年は6兆円をはるかに超え、今年は1兆円近く売り越し。

 思い起こしてほしい。今年を例にとると1月2万7258円から、6月25日の2万9046円で8%上昇。これを売り越しなのだから、ソンをしている筈。別の見方をとると、国内勢が相当頑張っている。

 今回外人はプットの売りを2万7~8000円で大量に行っている。

目先はを弱気だが、先行き日本株はかなり上がると読んでいるのだろう。

 私が取材したところ、日本株の売り材料は昨年はコロナショック。今年は中国の台湾進攻と中国経済の行き詰まりを材料にして、日本への打撃を恐れ、売っている。私はこの予想は間違っていると思う。今年中は台湾への侵攻はないと観る理由は、このブ

ログの愛読者ならお分かりだろう。北京五輪前は台湾進攻する筈はない。

 イマイ先生、どういう相場展開を予想しているの?と聞かれそうだ。

 この下げを的中させたプラザ投資顧問の伊東秀広さんは、ごく目先を展開として

「上限2万8~9000円。底値は2万6000円」という予想を行っている。

 一方TFRの箱田啓一さんは、「7月20日ごろ3万700円で目先小天井。中期的にはそれ以上。」

 また大和証券の木野内栄治さんは「年末から来年3月の年度末になると3万3000円から3万6000円」とした。

 いちよし証券の高橋幸洋さんは、カラ売り比率が記録的な高水準なことに注目。いずれショートカバーが起きると強気の弁を語ってくれた。

 結論。いぜんとして私は強気だ。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」と信頼するベテラン二人のN Yダウ平均とNASDAQ、日経平均の底値予想。そして私の強気 (第1100回)

一週間で興行収入12億円、観客50万人を動員した大ヒット作。私は長澤まさみのファンなので、早速、観

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「影なき狙撃者」と中国の戦争準備、そして「まだまだトランプ」(第1036回)

 1962年公開のこの映画は、翌年のケネデイ大統領暗殺事件を予告した作品として、再評価されたことで

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「博士の異常な愛情または私はいかにして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」と「北」水爆の解決

  2017・9・10 1964年の名匠スタンレー・キューブリックの傑作。62

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

モーツアルト「レクイエム」と安倍晋三元首相の功績と日経平均4万円の証拠 (第1125回)

36歳で亡くなったモーツアルトの遺作。 作曲の依頼人が見知らぬ男からの依頼だったこと

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】 映画「グランド・イリュージョン見破られたトリック」とトランプと中国

   2016・7・31 一昨年、世界的ヒットとなったマジック映画の続

記事を読む

PAGE TOP ↑