「レ・ミゼラブル」と私が今週を投資の大チャンスと見ている理由(第1069回)

この素晴らしい傑作をまだ見ていない方へは、ともかく一回観て

感動を共にしなさいと助言します。

 私はロンドンで三回、NY二回、東京で四回観た。「民衆の歌」

には何回聴いてもゾクゾクさせられたし、「宿屋の主人」の歌で

では必ず笑ってしまう。幼いコゼットの歌には涙する。

 一切れのパンを盗もうとして捕まり、何と19年も牢獄に閉じ

込められ、釈放後も差別され迫害される。ところが司教が泊めて

くれる。

 心が曲がっているジャン・バルジャンは銀製の食器を盗んで街

に出るがすぐ捕まる。ところが司教は「お忘れですよ」と銀の燭

台を与える。

 司教の心に打たれて改心したジャン・バルジャンは成功してマドレー

ヌ市長と工場主になる。

 ここから先は、込み入っているので省略するが、ジャベールとい

う警視が常に主人公を疑い、捕まえようとする。これが影の主役だ。

 何でイマイさん、ビクトル・ユーゴーの傑作を今回のブログに取り上

げたの?

 実は大変僭越ながら、菅首相が、ジャン・バルジャンの境遇に似て

いると私は観ているのです。勿論、犯罪とは関係ない。

 しかし、一部の大新聞やTVのように、菅さんが何をしても否定的

にとらえる行動が、私にはジャベールのように見える。

 たまたまワクチン注射のペースが英米に比較して遅い。東京・オリ

・パラに対しての世論が盛り上がらないのも、内閣に対しての人気が

高まらないのも表裏一体の関係にある。

 こうした閉塞感のある時期と、株安はよくダブるものだ。

 しかし、そろそろこの株安というか弱保持ち合いの時期は

終わり、ダメ押しの後に大上昇相場への転機は近い、と私は

確信している。

 材料は次の通り。

  1. ワクチン注射の普及率上昇で、前途に対する不安感が消え去る。
  2. 9月または、10月の解散、総選挙の公算が高まった。現在の野党の

状況から見て、菅政権の勝利は確実。株式市場が好感しないはずが

 ない。

  1. 東京オリ・パラの成功。案外これは株高につながる。たとえば池江

さんが入賞したら感動してムードは盛り上がる。

  1. 自社株買い

材料とは別に、私の信頼するアナリスト二人の強気の見とうしも力

を与えてくれた。

まずマネースクエアの宮田直彦さん。

最近のレポ-トで「オリンピック期間中に日経平均の年初来高値を

更新」とした。ちなみに高値は3月の三万714円、東京五輪の開催

期間は7月22日から8月8日までである。

もう一人。フィナンシャルテクノロジー&リサーチ代表の箱田啓一さん。

ここ2ヵ月ほど「6月25日に買い場が来る」と主張し続けている。

その前に一押しあると予想しているが、全体としては強気だ。

もうひとつ、台湾への中国による攻撃が、一部の軍事専門家の予想と

異なり、来年以降と予測されること。北京五輪が成功裏に終ることが

習近平には必要だ、プーチンのクリミア侵攻もソチ五輪の後だった。

悪材料がなくなることも上値を抑えていた重荷がなくなることで、いい

材料だ。

FRBパウエル議長の発言も、機関投資家の間ではすでに織り込み済み。

パルナッソスインベストメントの宮島秀直代表は多数の機関投資家に

取材して、予想インフレ率は年初来最低を更新した、としている。

結論。相場は曇りのち晴れ、私は依然として強気だ。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「マスカレード・ナイト」と米国公的・私的年金の明年からの日本株買いの開始(第1086回)

キムタクも長澤まさみも、私のお好みなので封切り後、早速観た。 犯人が私にはすぐ分かってしまっ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

トルストイ「戦争と平和」とポスト・コロナ新時代とジョージ・ソロス氏の新しい提案 2020・4・26 (第1009回

トルストイが36歳から40歳まで書きつづけた大長編。サマセット・モームは 「あらゆる小説の中でもっ

記事を読む

投資の羅針盤
ボッタクリ投資信託に警鐘を

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二   投資信託の評価などを行う米モーニングスタ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」と、タイタニック・シン ドローム、そして仏大統領マクロンの発言と金価格 (第1074回)

1874年にヴァイオリンの超名人でスペイン国籍のサラサーテが作曲し た名曲。鈴木清順監督が同

記事を読む

不正会計に対する監査機能不全
これは東芝だけの問題か

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 2001年に発覚したエンロンの破綻は米国の企業統治史上最大の

記事を読む

PAGE TOP ↑