【初・中級者向き】映画「ブラックパンサー」と森友と安倍政権

2018・3・26

米マーベル・スタジオの新作で2月に米国で公開されて爆発的なヒット、興行収入は12億ドル。先日のアカデミー賞授賞式でも司会者が「この瞬間でもブラックパンサーはメチャお客を集めている」と言っていた。

同スタジオで初めての黒人が主人公の映画で、監督も主演も黒人、しかも舞台は貧しいアフリカだが、架空の国ロガンダは巨大隕石を利用して豊かな生活。搾取され内乱ばかりしている現実と違う。主人公はこの国の王であり、国を守る「ブラックパンサー」でもある。アメコミの主人公としては型破り、といえるだろう。派手なアクションは他作品と同じだが。

 

実は女性監督、女性主演で「ワンダーウーマン」が大ヒット。「シェイプ・オブ・ウォーター」も女性主演。女性とマイノリティ重視がハリウッドの新潮流だ。映画そのものは、まあ、いつものアメコミ・アクション。

典型的な彼岸底形成パターン、今週から反発

23日は大変な一日だった。岩盤底、と見られていた2万900~1000円の底を簡単に破ったし、1ドル105円の壁も同様。相場の大前提がブッこわれたような、一見、印象を与える。前日のNYも724ドル安だったし、NASDAQも178ポイント下落した。

 

何せ期末で日本の機関投資家は手が出ない。個人の方は籠池聴聞や27日の佐川証人喚問で、マスコミのバカ騒ぎも手伝って買いを手控える。外国、とくにヘッジファンドの売りは大した量じゃなかったが、吸収できずに1時1000円安と相成った。底値で大幅下げ、はよくあること。典型的な彼岸底形成パターンだ。今週から株価は極めて高い確率で中長期反発、円安に入るだろう。もちろん、おっかなびっくりだからスタートは一進一退だろうが。

貿易戦争も日本は無縁

貿易戦争騒ぎは、実は日本は大丈夫だ。先日ペンス副大統領が平昌五輪で来日した時、関税問題を持ち出したら、日本製品には米国でどうしても必要なものが多いから、品目交渉で影響ないようにすると言って笑ったとか。

 

森友問題。野党は安倍さんに9月の自民党総裁選不出馬か、少なくとも麻生財政相辞任を狙って、昭恵さんを証人に呼びたくて仕方がないらしい。

 

結論。身体がよほど悪くなければ安倍三選だろう。キーマンは二階幹事長だが、人づてに聞くと「自民党の支持率はむしろいい。要は内閣支持率が8月に上昇していればいいんだろう」という見方らしい。自民党長老たちは少々腰が引けているようだが。

 

たしかに昨年10月22日の総選挙時の自民党の比例区得票率は33・3%、3月のNHK調査では36・3%。野党は減らしているところがほとんどだ。(立憲民主党19・9→10・2、希望17・4→0・6%。)

金正恩は条件つき降伏

4月中旬にはトランプ大統領と日米首脳会談をやるし、外交で支持率をあげられる。12月の沖縄、来年4月の統一地方選、参院選をやる前に、「北」の展開次第だが拉致問題で打点を稼ぐ手がある。

 

そんなに「北」を楽観視していいのか?という声がありそうだ。私はいずれ詳しく書くが、金正恩は「核放棄を条件に、現体制維持」という条件付き降伏した、という一般的でない見方をしているから。現に寧辺の黒鉛炉は停止した。

 

話を相場・円レートに戻す。日本株8兆円を売却した外国人。6兆円は先物だから、いずれ買い戻さなくてはならない。株安は企業経営者にとって自社株買いのチャンス。円レートの方は、あと年内3回もある利上げはやはりドル高の材料だし、原油価格も円安。

じゃあ3月23日の騒ぎは何だったの?と聞かれそうだし、テクニカル・アナリストに怒られそうだが、「ダマシ」じゃないかなあ。

 

映画のセリフから。主人公は演説する「対立は話し合いで解決すべきだ。対立点より共通点の方が多いから。私の国で昔から言っているが『賢者は橋を作り、愚者は壁を建設する』」。

この映画は相当なトランプ嫌いが作っているらしい。

映画「ブラックパンサー」と森友と安倍政権(第902回)

 

 

今井澂(いまいきよし)公式ウェブサイト まだまだ続くお愉しみ

ジャイコミ有料記事テキスト画像

 

関連記事

今井澈のシネマノミクス

宮本武蔵「五輪書」と今回の「ド」を予感した背景と 来週以降の株価の反発。私の強気(第1072回)

「五輪書」は宮本武蔵の書いた兵法書。地水火風空の五巻から成り立っている。この書の目的は実戦に役立つ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

中島敦「山月記」と日経平均3万円突破後の世界、それに当たり屋の紹介(第1055回)

 教科書にも使われていたと聞くから有名な作品である。  亡母満里のお弟子さんの中に、中島敦氏

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

「老人と海」とFRB利上げ以後の意外な展開

ヘミングウエイのこの中編小説の傑作はノーベル賞受賞の対象となり、今でもよく読まれている。映画もスペン

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「グレートウォール」と習近平と「北」の核攻撃

  2017・4・30 何しろ中国第一の映画監督チャン・イーモウの新作

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「検察側の罪人」と魅力的なマザーズ市場の注目銘柄

2018・8・26 原作はかなり前に読んだが、映画はずいぶん内容が書き加えられて、原田真監督の

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑