俄かに怪しくなった東京オリ・パラと株価。そして中国の台湾 進攻の時期と私の強気―「今井澂の相場ウラ読み」への質問から(1063回)

 週一回のボイスメッセ―ジ今井澂の「相場ウラ読み」を始めて六年目にあたる。

会員の数はお陰様で急増した。

 特に3,4月に4回行われたウエブナーで1万116人のリスナーがあった後、

無料の2週間トライアルを提供したのが効いている。

 驚かされるのは、毎回多数の質問。すべてお答えしている。

 5月7日(金)に集中した質問は二つ。

東京五輪開催の可否。

私の意見は次の通り。首相記者会見では、開催に前向きな姿勢を示した。

しかし私は①緊急事態が6都道府県に拡大②5月末までの期限延長。こ

の二つ注目。

 しかし「5月17日のIOCバッハ会長来日」で否定するわけがないから、

よほどのことかない限り開催の可能性がやや大きい、と返答した。

5月7日昨夜11時。

 しかし、8日夜午前3時に起床してNYとの連絡をしていた時に深夜のTV

番組を観ていたら、この見通しを逆転する情報が伝えられていた。JOC橋本聖

子代表が「バッハ会長来日は厳しい。」まあこれじゃあ、中止の公算が極めて高い。

 そこでこの悪材料をどう評価するか。

 嶋中雄二さんのセミナーでの「開催のプラスの影響として3・6兆円。GDPを

0・7%押し上げ」とあった。ダメならこれがマイナスになる。

 この折配布された資料によると、「五輪中止の経済的損失は4兆5151億円

(宮下関西大名誉教授による」この数字を私なりに計算すると、ほぼ1%。

低成長の日本としては大打撃だ。

 では、株式市場への影響はどうか。私は2万8000円割れがあるかもしれない

と予想。しかし、チャート上も上昇トレンドが継続しているし、2022年の急回復

は確実。半導体関連や、脱炭素関連問題を狙うのがいい。

 第二に集中しているのが、中国による台湾有事の可能性。

 私なりにワシントンのシンクタンクの情報を集めたが、次の通りである。

「米国現政権は、中国が国家主席の任期を撤廃した理由が二期十年は足りないと

判断したためと見ている。

「習近平の年齢を考慮すると、三期目が終了する2028年に退任する可能性が

大きい。」

「米国大統領選と台湾総統選が重なる2024年に進攻する、とバイデン政権

は予測している。」

なるほど、米国の軍需関連銘柄が高騰しているわけだ。

結論。中國の依存度の高い銘柄は利食いし、半導体や脱炭素関連銘柄

に転換が好ましい。

勿論、ドンパチはインフレを招く。株価はNYも東京も高騰する、に決まっている。

私は強気だ。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

映画「ゴジラ-1.0」と中国の没落。そしてドカの先延ばし。米国債務問題による「ドカン」はいつ来るか。

映画「ゴジラ-1.0」と中国の没落。そしてドカの先延ばし。米国債務問題による「ドカン」はいつ来るか

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「恐怖の報酬(オリジナル完全版)と米中首脳会談後の市場

 1953年のアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の傑作のリメイク。1977年にウィリアム・フリードキ

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ジェミニマン」と助走開始したFRBのQE4の威力(第986回)

ある高名な映画評論家が「映画史の残るエポックメイキング的」と評したので、実は上映開始の時に観た。な

記事を読む

2015年を読む②
木村喜由のマーケット通信
半身の強気が吉

*木村喜由のマーケット通信は今後、有料記事で掲載予定です。サンプルとして無料公開しています。 日

記事を読む

木村喜由のマーケット通信
GPIF材料に先物主導で値上がりも、目標達成し買い越しが鈍る公算大

 日本個人投資家協会 理事 木村 喜由 昨日(2月25日)は日本個人投資家協会の20周年記念大会。

記事を読む

PAGE TOP ↑