サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」と、タイタニック・シン ドローム、そして仏大統領マクロンの発言と金価格 (第1074回)

1874年にヴァイオリンの超名人でスペイン国籍のサラサーテが作曲し

た名曲。鈴木清順監督が同名の映画を作ったし、スケート世界一の羽生

結弦選手が2021年に使っている。

 導入部はゆっくりとした悲しげな旋律。中途がハンガリー民謡を使い

「ジプシーの月」という名でポピュラーソングにもなった。

 これが一転して終わりには極めてテンポの早い、また極度の高技術を

要する曲に変わる。リストがこの部分をハンガリー狂詩曲十三番に

使った。

 今回この著名なクラシックをブログに使った理由は、最近しばしば

発生する米国株式市場、特にNASDAQの「ド」か「ドカ」があるからだ。

 7月19日、ダウは725ドル、NASDAQは152ドル下げた。

 たまたま午前3時に起きていた私はCNBCで「新型コロナ肺炎ウイ

ルスの威力は原ウイルスで2・3~2・5、アルファ5、デルタ8~9(倍)」

と表示したのを見た。 

 死者はメチャ減少に向かっているのに、おかしいなと思った。

 この疑問を解決してくれたのが、バルナッソス ベストメント

ストラテジーズのチーフストラテジストの宮島秀直さんだ。

 7月9日付のレポートで宮島さんは、世界有数の巨大機関投資家に

取材して「タイタニック・シンドローム」という売りサインがでたからだ、

というニュースを得た。

新高値更新銘柄数マイナス新安値更新銘柄数でマイナスになった

としようその状況が5営業日のうち4日間あった場合、2~3週後

に5%以上下落する。

 これが「タイタニック・シンドローム」である。

 一見したところ、著名なヒンデンブルグ・オーメンに酷似している。

計算の方法は簡単だが。

(宮島さんによるとある米国証券会社に在籍していたビル・オオハマ

というテクニカルアナリストが考案したそうだ)

「タイタニック」は当時再最新技術で建築されて、最新鋭船なので、浮

沈神話を関係者が信じていた。このため危険を知らせる情報は、結

構あったのに、無視された。なるほど。

 まるでのんびりと新値更新を楽しんでいた投資家に「ド」か「ドカ」

の来たようなもの。

 いずれにしても、我々は新高値が続いたら、警戒姿勢を忘れないこ

とだ。

 このNASPAQの「ド」又は「ドカ」と同じように、またツイゴイネルワ

イゼンの激しい曲の変化のように、急激な変化を与えた事象がある。

6月10日の仏大統領マクロン氏のGセブンでの提案だ。

「Gセブン諸国と政府と政府や中央銀行が合計1億ドルをIMFに寄

贈する」。IMFはこれをアフリカ諸国の開発や債務の返済に充てる。

 増大しつつある中国の影響力への対抗策とするアイデアだ。

 これで金先物価格は5月末の1908ドルから6月下旬には1700

ドル台まで下げた。

 最近は6月28日のバーゼルⅢで金の安全性が高く評価されたの

が効いて、ふたたび1800ドル台まで戻したが。今後マクロン提案が

真剣に論議され、再下落の可能性は否定できない。

随分イマイさん、相場に関係のないような文章ですね、と言われそうだ。

そこで私が憧れている最後の相場師の是川銀蔵さんの「投資五か条」を

書いて終わりとする。

  1. 銘柄は自分で勉強して選ぶ
  2. 二年後の経済の変化を自分で予測し大局観を持つ。
  3. 株価には妥当な水準がある。値上がり株の深追いは禁物。
  4. 株価は最終的には業績で決まる。腕力相場は敬遠する。
  5. 不測の事態などリスクはつきものと考える。

関連記事

投資の羅針盤
NISA開始から1年を迎えて提言
恒久税制化と限度額引き上げは必須

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 昨年1月に鳴物入りで発足したNISA(少額投資非課税制度)。

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「タイタニック」と訪米中に聞いた面白い話
今井澂・国際エコノミスト

NY行きの機内で「バードマンあるいは(無知でもたらす予期せぬ奇跡)」を観た。アカデミー賞作品、監督賞

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「罪の声」と日経平均3万円時代の接近、それに私の 46冊目の新刊プレゼント(第1040回)

 「罪の声」の魅力はかなり多いが、何といっても、塩田武士の原作がいい。週刊文春のミステリーベストテ

記事を読む

木村喜由のマーケット通信
決算発表ラッシュ突入、株主還元策も株価への影響は微妙
東芝が握るエネルギーの本命

 日本個人投資家協会 理事 木村 喜由 本日(4月27日)から決算発表ラッシュとなるが、大勢は昨報

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「ソロモンの偽証」前後編と「植木屋の地震」のその後
今井澂・国際エコノミスト

今週は北野武監督の「龍三と七人の子分たち」を楽しみながら観た。8月で80歳になる私としては、ジイさん

記事を読む

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑