映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」と、次から次へと発生する難題。そして私の変わらない強気第1083回)

久し振りのボンドもの。ダニエル・クレイグ最後の作品。それに日本系の監督とあって楽しみにしていた。勿論、初日と3日目に2枚予約した。

ところが残念なことに、全くの凡作だった。007はやはり美女を救い、また途方もない悪党から世界を救う、これでなくちゃ。

ところが今回は自分の妻と娘を救うために悪党に地面に頭を下げてあやまる。

今回、じゃあ何でブログに取り上げたの?

次から次へと難題が起きてゆくのを解決するところが、従来の007ものと同じ。そこが取り上げた理由です。

全く、次から次へと市場を悩ませる問題が続発している。

まず中国。恒大集団を10月4日に香港証券取引所が、突然、売買を停止した。習近平体制への意趣返しとみられるが、やはり市場は「第2のリーマン」説を思い出す。

第二は発足した岸田新内閣の支持率の低さ。来るべき総選挙での自民圧勝への期待へ、水をかけた。

私は「GOTO 2.0」が発足すれば、人気が上昇すると読んでいるが、やはり先のお話だ。

そこへ、ガソリン価格が160円台に6年ぶりに上昇。GOTOへの夢を打ち砕く。

第三は、米国国債のデフォルト問題、である。

政府債務の法定上限に抵触することで、10月18日には政府の資金が底をつけ、国債の利払いや償還が出来なくなる。

私のNYのソースは「共和党は、事態を了解している。直前に受け入れて無事にすむと思うが、不安は止まない」と述べた。その後、共和党幹部了解で、の12月迄危機は起きないが、一時的なものに過ぎない。

理由は次の通り。

第一の恒大問題。10月末にはG20が開かれる。メンツもあり、習近平主席は解決させるだろう。

第二は、先の話を割り切るほかない。

第三は、11月後半の解決を期待するほかない。

従って、今、来週は下値をニラみながら、ウェイト・アンド・シー。休むも相場、です。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイの最後に故ルイ・アームストロングが温かい声で歌う。

「We have all the time in the world (時間ならたっぷりあるさ)」

その通り。永い一生。二週間ぐらい何ということもない。

関連記事

木村喜由理事のコメントが『AERA』2015年6月29日号に掲載されました

先週発売の『AERA』6月29日号(朝日新聞出版)に、当協会の木村喜由理事のコメントが掲載されました

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「海辺のリア」と防衛費と朝鮮半島の脅威

   2017・6・25 84歳の仲代達矢の主演作。小林政広監督の前作

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「北の桜守」と米関税引き上げと米朝首脳会談と日本

  2018・3・18 吉永小百合120本目の作品でしかも「北の三部作の最後」

記事を読む

JAII副理事長 伊藤稔のコラムが、1月19日(木)の日経新聞に掲載されました

『日本経済新聞』2017年1月19日の夕刊に、日本個人投資家協会の伊藤稔副理事長がコラム『十字路』で

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「SCOOP!」とヘッジファンド解約ショック

2016・10・30 福山雅治はやはりガリレオ・シリーズや坂本竜馬がニンに合っていると思うが、

記事を読む

PAGE TOP ↑