映画「レッド・クリフ Ⅰ、Ⅱ」と対露戦略で人為的に下げさせられた原油価格。同盟国としての日本に投げかけられた美味しいエサと重荷  (第1129回)

公開日: : 最終更新日:2022/08/22 マーケットEye, 中級, 初級, 無料記事 ,

1900年前の「三国志」つまり魏・呉・蜀の物語は誰も知っている。権謀術数に満ち満ちたストーリーは誰も飽かせない。赤壁の戦いの前後の周瑜と孔明のやりとりなど、ワクワクする。

現在展開している各種商品の値動きにも、権謀術数というか国家戦略が見える。

WTI原油。6月当時のバレル120ドル台が、8月上旬からなんと80ドル台に下げた。

8月16日は86ドルだ。

表向きで言われているのは、

  1. 世界的なリセッション 

②米国でのガソリン価格高騰に歯止めをかけたいバイデン政権 

③サウジの減産協力 などなど。

しかし、私にはロシアの戦費調達を食い止めるための、意図された原油安と考えている。

文字と写真のスクリーンショット

自動的に生成された説明

WTTやブレント原油などの一流原油と比較すると、ロシアが産出する「ウラル原油」は硫黄分が多く、バレル3、40ドルの格差があるのが、普通だったが、チャートに出す通り、一時100ドルを上回った。

ロシアの予算のバレル46.6ドルを見込んでいるから、WTIやブレントのバレル80ドル台の原油が続くと、予算より下回る。現実にそうなっているのだが、戦費の調達にかなり苦労することになる。

地図のスクリーンショットの画面

自動的に生成された説明

戦費の調達のほかに、兵士の調達も問題が多い。兵士の調達である。

ロシアは「兵士の母の会」という圧力団体がある。このためロシア人兵士は使わず、アジアや中央アジア系の少数民族を使っている。

「対ウクライナ戦争」というと、ロシア人兵士を使わなくてはならない。従って「侵攻」を使っている。

それでもロシア人を使おうとした高級将校は、12人も左遷されている。

人的資源がもともと少ないのだから、1万5000人(英国M16の推定)でも、不足気味になる。

そこに、ロッキード・マーチンの作った「ハイマース」が12基配備された途端に、戦時はウクライナ有利に展開している。

来る11月に米国と中国との首脳会議が開かれる。私の夢想では、習近平主席が、休戦を提案し、年末に和平達成、という案だ。

休戦交渉は永引くだろう。現在の南北韓国のように、何十年やっても交戦状況のままのまま、というシナリオも考えられないではない。

当然、米国としては、日本に要求することが多くなる。

  1. GDPへの軍事費の2%
  2. 8000億ドルのウクライナへの拠出(湾岸戦争の例)などなど

勿論、円安を認めてくれている。これが国恵としての第1号。

今後の課題は対中シンパの財界大物企業が対中進出をやめて、アフターチャイナのベトナム、台湾などに拠点をうつすこと。

ただし、経団連などの大企業に「米中は中国が勝つ」と明言している向きが多い。

岸田首相は「完璧な新冷戦」体制という米国側の要求のまとめ方が失敗だった、としよう。

今後3年間の「黄金の期間」はどこへやら。短期政権に終わる可能性すら、ないではない。

ただし、中国が勝つと論理は、私は怪しいと思う。チャートに示す通り、2010年をピークにして、生産年齢人口(15歳〜64歳)はすでに急速に低下している。

グラフ, ヒストグラム

自動的に生成された説明
グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

また出稼ぎ労働者の賃金は急騰し、もはや中国は「安い賃金」の国ではなくなっている。(リコー研の資料による)

赤壁の戦いは、疫病にかかった兵士が多く、船酔いで仕事にならなかった。そこで「連環の計」として船同士を結びつけた。風が変わった日を孔明は待ち受け、火攻めにして80万の曹操軍を打ち破った。呉と蜀の連合軍はたった3万で勝った。

圣団連のエラい方々も、予想というものはリスクがあることをお考えになることだ。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】「レ・ミゼラブル」とカタール断交の意外な影響

  2017・6・18 1個のパンを弟たちのために盗んで、19年間も獄

記事を読む

アベノミクスのカギを握るのはリスクマネーの“目利き”
投資家も銀行もリスクをとらなければ将来収益は見込めない
五味廣文・元金融庁長官【下】

ジャイコミ編集部 2月25日に開かれた日本個人投資家協会の創立20周年記念セミナーの模様を、メイン

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「予告犯」とギリシャ問題と為替・株
今井澂・国際エコノミスト

新聞紙で仮面を作り、ウエブサイトで犯行を予告。食中毒事件を起こしても反省せず逆切れ記者会見を行った会

記事を読む

基本の話by前田昌孝(第4回)

 よく株式投資と資産形成との関係について、「株式は短期的には元本割れのリスクがあるが、長期的に取り

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

シェイクスピア「マクベス」とこれから始まる中国の覇権戦争勝利と、ここで狙いたい銘柄 第1038回

 「キレイは汚い、汚いはキレイ」と唱える三人の魔女の予言に導かれて、主君ダンカンを暗殺して王位を奪

記事を読む

PAGE TOP ↑