映画「イコライザー THE FINAL」と「有事の金」の有効性。そして私の株価見通し

映画「イコライザー THE FINAL」と「有事の金」の有効性。そして私の株価見通し

2023・10・15(第1195回)

出所:映画パンフレットより

 デンゼル・ワシントンの出る映画は、観て損したと思う作品は、まずない。今回の作品は、前2作よりは劣るが、それでも水準は高い。

一度見るといい。

ところで金価格。

 商品アナリストの小菅努さんの著作によると――

 「投資行動としては『有事の金買い』よりも『有事の金売り』の方が有効なことが多い」として、その理由を述べている。

 たとえば、今回のウクライナ侵攻。2022年2月24日にロシア軍の侵攻が始まったが、金相場は3月8日にピークアウトし、3月15日には侵攻前の水準を下回っている。

 では、今回のイスラエル対ハマスの地域戦争が長期的か、短期的か、どうか。

 私が注目したのは、原油価格。ヘッジファンドの運用担当者は、原油買い、米国株、債券売りのポジションを取っている。イランの援助で長期化すると読んでいる。

 一方、米国の指導者層の方は、短期で終了することを望んでいると、私は推測する。ウクライナへの軍事援助で不人気となっている現在、援助先が増大することは好ましくないはずだから。

しかし、下院の造反に加えて、対中国新冷戦、ウクライナに加えて

中東動乱。これじゃあ米国の対応が、うまくゆくわけがない、

【金先物チャート】

<出所:Investing.com>

10日に著名な若林栄四さんのセミナーがあった。

「クリスマスまでに、現在の1オンス1900ドル台から2200ドル」とし、将来の3800ドル、7750ドルも」と予想している。

的中率が高い名人の予想なので、私はこれの方を重く受け止めている。

さて、日本の株式である。

10月8日の私のセミナーでの「3万円の大台は厚いので、なかなか割らないが、私は相当高い確率で割れると思う。その場合は2万7000~2万8000円」と述べた。

その後、米国債券市場で、長期(10年)金利が4%台に下落(価格が上昇)したが、まだムーディーズの米国債格付けのワンノッチ引き下げリスクは残る。11月17日まで、米国債はもちろん、日本株も私は買いをすすめない。短期決戦でサヤを取る投資家の方々はウデのふるい場だろうが。

 大和証券の木野内栄治さんが、短期決戦用としてレーザーテック(6920)を挙げている。信用取引の期日に注目している。木野内さんは信用できるので、これは腕に覚えのある向きは、ついてゆかれるといい。

 映画のセリフから。

 マッコールがいう、「タイミングが大切なんだ」。短期決戦の方だけでなく、長期の方も、2万8000円は買い場であることをお忘れなく。

関連記事

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】

  2017・6・4 1988年の実話をもととしたある山師の物語で、マ

記事を読む

投資の羅針盤
確定拠出型企業年金への「自動加入化」を【上】

日本個人投資家協会 副理事長 岡部陽二 確定拠出型企業年金は制度導入後10年を経た。 公的年

記事を読む

“投資適格”に近づく日本株
経営者と資本政策が成熟
JAIIセミナーレポート

ジャイコミ編集部 1月24日に開かれた日本個人投資家協会新春セミナー「2015年世界を読む」のレポ

記事を読む

世界的暴落、まずは第一ラウンドの下値の見当は付いた

不透明感強まり、米国利上げは先送り濃厚 物凄い下げである。225は11日高値20947円から25日

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「博士の異常な愛情または私はいかにして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」と「北」水爆の解決

  2017・9・10 1964年の名匠スタンレー・キューブリックの傑作。62

記事を読む

PAGE TOP ↑