「 上級 」 一覧

市川團十郎「平家女護嶋」と、「もしトラ・ショック」。かつてのバブル株高と今回との比較。注目銘柄

市川團十郎「平家女護嶋」と、「もしトラ・ショック」。かつてのバブル株高と今回との比較。注目銘柄 2024・1・28(第1210回) <パンフレットより> 新橋演舞場に久し振りに行った。團十郎の演技が深味をおびて来たのを目の当たりにした。ごく一例。俊寛僧都が船に別れを惜しむ有名な場面で、背中で淋しさを表現した。凄い。 平家のおごりが、次の源氏の興隆を生んだことは誰で

続きを見る

映画「恐怖の報酬」と、心配されながら上昇しない原油。米国確定拠出年金が狙っている銘柄。

映画「恐怖の報酬」と、心配されながら上昇しない原油。米国確定拠出年金が狙っている銘柄。 2024・1・21(第1209回) <出所:アマゾンより> フランスでアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督、主演イヴ・モンタンで作られた。米国で再映画化されたが私にはオチると思われたので、今回は本物のみとする。 石油井の発火事故を押さえ込むため、二台のトラックに四人の運転手が雇わ

続きを見る

映画「ナバロンの要塞」と私がよく聞かれる質問への答え。特に米国年金の日本株買い。ポスト岸田。

映画「ナバロンの要塞」と私がよく聞かれる質問への答え。特に米国年金の日本株買い。ポスト岸田。 2024・1・14(第1208回) <出所:公式ホームページより>  ご存知アリステア・マクリーンの小説の映画化で、J・リー・トンプソン監督が、グレゴリー・ペック、アンソニー・クインなどのスターを使って、すばらしい活劇にした。 一行は巨大な大砲を破壊して、孤島に閉じ込めら

続きを見る

映画「用心棒」と対ドローン兵器での日本メーカーの優位性。そして米大統領選の年は株高というジンクス

映画「用心棒」と対ドローン兵器での日本メーカーの優位性。そして米大統領選の年は株高というジンクス 2024・1・7(第1207回) ご存知、黒澤明監督の快作。主演の三船敏郎氏は数々の主演賞を獲得した。 <出所:アマゾンより> 風来坊の浪人(桑畑三十郎)が、北関東の宿場にやって来る。町ではヤクザが二手に別れて抗争をくり返していた。これを双方で殺し合っておさめようと、

続きを見る

映画「PERFECT DAYS(パーフェクト デイズ)」と、2024年相場を的中させる確率の高い「当たり屋」のご紹介

映画「PERFECT DAYS(パーフェクト デイズ)」と、2024年相場を的中させる確率の高い「当たり屋」のご紹介 2024・1・1(第1206回)  新年明けましておめでとうございます。  この一年が皆々様のご発展とご健康のさらなる向上につながることを祈念いたします。 <映画公式ホームページより>  ヴィム・ヴェンダース監督、役所広司主演のこの秀

続きを見る

映画「ホーム・アローン」と私が注目している二つの素晴らしい仕事

映画「ホーム・アローン」と私が注目している二つの素晴らしい仕事 2023・12・24(第1205回) <公式ホームページより>  大ヒットして続編がつくられたクリスマス映画の代表作。1990年の作品で、実は今年12月22日に再上映(もちろんTVで)されている。おすすめの佳作だ。  シカゴに住む裕福な子沢山の家庭がパリにクリスマス休暇を利用してゆくことにしていた。と

続きを見る

木下順二「巨匠」と対ドル120円の円高。そして米国の景気後退

木下順二「巨匠」と対ドル120円の円高。そして米国の景気後退 2023・12・17(第1204回) 劇団民藝の「巨匠」を久しぶりに観た。1991年に名優・滝沢修主演で観て、強い印象を得たので、どんな風に演じるのかを知りたかったからである。結果は――、退屈だった。感動が少しもなかった。 劇そのものは面白い。ポーランドのTVドラマから木下順二氏が書いたドラマ。 1944年。ナ

続きを見る

PAGE TOP ↑