映画「ひまわり」とウォール街のウクライナ停戦を読んだ新しい動き。投資作戦としてW・バフェットを参考に。(第1163回)

公開日: : 最終更新日:2023/03/12 マーケットEye, 中級, 初級, 無料記事 ,

名作「ひまわり」のストーリーは、あまりにも有名なのでここでは書かない。愛する夫を探すヒロインをソフィア・ローレンが演じ、ロケ地はウクライナ中部の農村。従って今後導入部にウクライナのことを書くときは「ウクライナ2」と書くことにする。

わがビジネス・パートナーのSAIL代表 大井幸子さんによると、ウクライナ休戦または停戦を当て込んだ動きが、ウォール街にある、という。

J・Pモルガンが200〜300億ドルのウクライナ復興フアンドのローンチを計画。

またゼレンスキー大統領の個人資産の運用をブラックロックが始めた。

戦況次第なことは云うまでもない。しかし利にさといウォール街の連中が、共和党中心ウクライナ支援疲れを見て、どこかで幕引きをする、と読むのは、ある意味では当然だ。秋か、年末か。

さて、私が予想した「3月のドカ」の時期に入った。

私が信頼している箱田啓一さんが言っていたとうりだ。

また、3月6日の週はNY市場は1500ドルの暴落。東京市場も3月10日大幅下落。先物から見て、来週月曜日の大幅下落は必至である。

一方NYは3月17日のSQまでは、GAFAMなどのハイテク株が利益推定で売られるだろうから、NY安。

では、日本のみなさんはどうしたらいいか。

勿論「ヨーイドン」である。

繰り返し述べている「ブル2倍型投資、ETF」に加えて、ここはWバフェットの作戦にならって、商社株を狙ったら、と申し上げる。

2020年8月31日に発表された時、商社株へ投資は7130億円。現在は2・5倍になった。

同ベースで述べる。

三菱商事1881億円、三井物産1853億円、伊藤忠商事2167億円、丸紅562億円、住友商事867億円。

合計7130億円。

現在、三菱商事4161億円。以下4409億円、4109億円、2166億円、1991億円。

合計1兆7480億円。

円安のおかげでドルベースでは1.9倍。

(以上は元日経編集委員の前田昌孝さんの計算による)

また商社株はPERは10倍以下。配当利回りも4〜5%と高い。

バフェットに学んでポートフォリオの軸として入れたらどうか。

では皆さん、元気を出して!

関連記事

あなたの外国株投資は店頭取引?それとも委託取引?
損する前にこれを読め!ある男性の憤怒【下】

上編、中編とお届けしてきた外国株投資の「落とし穴」。間があいてしまい恐縮だが、外国株をめぐって、さら

記事を読む

暗号資産の歴史と進化

暗号資産界のいろいろ 第1回 暗号資産(仮想通貨、ビットコインなど)にはたくさんの種類があり

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

【初・中級者向き】映画「泥棒役者」とHFの売りと中国・サウジ・北のミサイル

2017・12・3 世評が高いので見たら、儲けものの一作。安田征史という監督は知らなかったが、

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「天国と地獄」とコロナショックでも外国人投資家が買い続けている一部上場7銘柄(第1023回)

 ご存じ黒澤明監督の名作。営利誘拐罪に対する刑の軽さへの憤りが反響を呼び、刑法改正につながった。し

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

「老人と海」とFRB利上げ以後の意外な展開

ヘミングウエイのこの中編小説の傑作はノーベル賞受賞の対象となり、今でもよく読まれている。映画もスペン

記事を読む

PAGE TOP ↑