「 マーケットEye 」 一覧

【上級者向き】10月総選挙は戦術的にはマルだが戦略的にはバツ

この次の選挙でフラストレーションの反逆が起きるのは確実 15日に大手町の日経ホールで政治コントのザ・ニュースペーパーの公演があり、日経読者向け優先販売のチケットを応募していたので入場することができた。テレビで小泉・安倍首相や石破・小池百合子氏などの物まねしている9人のチームである。記者会見や報道番組では口にできないが視聴者側では暗黙の了解になっている、赤裸々な意見、ホンネが連発で出てくるので会場

続きを見る

【初・中級者向き】映画「ダンケルク」と日米の政治危機

  2017・9・18 ダンケルクとはフランス北端の港町でドーバー海峡に面している。1940年英仏連合軍40万人の兵士が追い詰められ、反撃の余力はなく、絶体絶命、救援を待つのみになる。英国軍はドイツ軍爆撃機とUボートの攻撃にさらされながら、一人でも多くの兵士を救出しようと決死の作戦を展開する。 クリストファー・ノーラン監督のこの新作は戦争映画には違いないが、戦争賛美でも

続きを見る

【上級者向き】遅きに失した安倍首相の社会保障制度の見直し

今回ばかりは消費税率の先送りはなさそうだが 昨日の日経朝刊一面トップは、珍しく首相インタビューの記事。現行の社会保障制度が高齢者中心になっていることを認めたうえで、今後は全世代にバランスさせるとともに、幼児や青少年向け教育の支援も財源がなくては実現は不可能とし、自分の責任でしっかり財源を確保していくと強調した。安倍氏は民主党政権末期に野田佳彦氏に解散条件として合意したにも拘らず、すでに2回も消費

続きを見る

【上級者向き】中期サイクルが上昇局面に入った公算大

リスク要因残ったままだが株価チャートは夏の高値更新を示唆 北朝鮮に対する政策措置は、全会一致合意を目指した米国がこれ以上ないほどの大幅ディスカウントで中国とロシアの賛成を取り付けたため、予想に反してスムーズな決着を見た。石油禁輸には程遠く、金正恩個人に対する制裁措置もカットされており、実効性は大いに疑問だが、中国が共産党大会(10月18日からと決定)前に米朝衝突を何としても避けたい意向が強く、取

続きを見る

【上級者向き】戦機次第に熟すも、買い焦りは禁物

米朝軍事衝突も視野に入れつつ、好買い場を待つべし 北朝鮮がミサイル実験に続き水爆実験に成功したとの報道により、北による米直接攻撃のリスクは一気に増大した。ICBM(大陸間弾道ミサイル)による米国への核攻撃は、降下時に発する7千度の高熱に耐える素材がないため、現時点では不可能だが、地上500キロ以上の高空で爆破させ、強烈な電磁波を5000キロに渡って放射し、電力・通信システムや脆弱な電子機器類を麻

続きを見る

【初・中級者向き】映画「博士の異常な愛情または私はいかにして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」と「北」水爆の解決

  2017・9・10 1964年の名匠スタンレー・キューブリックの傑作。62年のキューバ危機の直後に制作され、ブラックコメディの極致と評されている。主演で三役を演じるピーター・セラーズがすごい。 米国空軍のある基地でジャック・リッパー将軍は勝手な判断で爆撃機34機にソ連への出動命令をかける。緊急時マニュアルに従い外部情報から遮断、空軍基地に接近するものには敵の

続きを見る

【上級者向き】中国が石油禁輸に協力しなければ米が北朝鮮攻撃へ

EMP(大気圏外核爆発)攻撃の示唆だけでも米国は動くだろう 米国は国連に北朝鮮への制裁強化策として、石油の禁輸と金正恩氏らの外国金融資産凍結の決議を求めた。これは経済的に息の根を止めることで北朝鮮に翻意を促す行為だが、中国とロシアは拒否権を行使するのが明らかであり、実効は期待できない。しかし昨報した通り、北朝鮮が最終目標とするICBMによる核弾頭の大気圏突入にはまだ至ってはいないものの、その成功

続きを見る

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

投資歴40年のベテラン投資家等による
他には無い、生涯の資産運用に役立つ、
本物の投資家によるマーケット情報!

投資家・経営者・業界のプロ達も読む
(有料記事の執筆者紹介はこちら)

ジャイコミをフォローしよう


ジャイコミをフォローしよう
 


メディアとは異なり、利害関係が無いNPOだからできる唯一の中立な情報サイト
『真の情報を、数多くの人々に広める』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑