三谷幸喜「鎌倉殿の13人」と円安。私の日経平均4万円説(第1115回)

当代きっての才人の三谷幸喜さんの作品なので、最初の放映からずっと観ている。

木曾義仲の没落と死。源義経の腰越止めまで観て、国家の盛衰と似ているな、と感じた。

企業の力(収益)と国力との相関関係も私が従来から力説している。その企業収益が今後、もっと上昇する。

円安のおかげである。

文藝春秋6月号に「ミスター円」と異名をとった元財務官の榊原英資さんのコメントが載っている。

「今年の年末から来年初めにかけて、140円から150円までの円安」という市場の見方に対し、同氏は、賛成している。

同氏は黒田日銀総裁の来年4月8日の任期満了まで、円安基調はかわらない、としている。

「悪い円安」論者はガックリするだろうが、私はもともと「円安で儲かる人が増えれば『良い円安』に変る」と言う論者だ。

また6月からインバウンド観光が開始さので、まあ、いつも通り、私の勝ちだろう。

チャートに示した通り、ドル円は米国の長期金利高と連動している。

グラフ, ヒストグラム

自動的に生成された説明

出所:ニッセイ基礎研究所 上席エコノミスト 上野剛志氏

米FRBは、あと2回、0.5%ずつ公的金利を上げる。米10年もの国債金利は、現在の3%から4%に上昇するだろう。

一方日銀は公定歩合を引き上げられないから、前述の通りの上限150円迄の円安は必至、といっても過言ではない。

「円安は株高につながる」と私は繰り返して主張してきた。

私のこのブログの読者ならご存知の通りだ。

NYダウやNASDAQが大幅な下げを演じても、東京株式市場は翌朝の寄り付きは安くても、小幅安に止まるか、あるいは上昇している。

理由はカンタン。株価の中心、企業収益が円安で上昇するからだ。

円レートで10円の円安は、上場企業の経常収益を5%押し上げる。

一方、企業は1ドル111円で経営計画を立てている。従って1ドル150円だと、40円の円安。20%の経常増益となる。

2021年度の日経平均の1株当り利益は10.4%増の2309円。コスト高もあるし、最終純益を少し割引いて15%としても、1株当り2600円近辺がPER13倍としても3万3800円。PER14倍で3万5000円となる。4万円は誰の目にも見える。

日銀の持ち株は、大和証券理事の木野内栄治さんのプランでは、従業員持ち株会の利用で、解決できる。市場の6割を占める外人投資家が

この数週間大幅に買い越しているのは、案外ここいらが背景かも。

オマケ。

対コロナ対策がうまく行っているわが国に対し、中国、韓国などは完全に失敗。中国の人民元が暴落している。チャートで示した通り。私に云わせれば、ザマミロ。

グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

出所:三菱UFJモルガンスタンレー証券 植野大作氏

終りに、源義経の名言でシメる。

人よりも100倍臆病ならば、100倍、勇気を奮い立たせれば良い。

勝つという事は、味方に勝つということ。味方に勝つということは、我に勝つということ。我に勝つという事は、気(力)をもって、体に勝つという事だ。

88歳の私としては、後の方が身に沁みる。

関連記事

木村喜由のマーケットインサイト
債券市場の変調、緩和マネーが逆流か
流行りの「低分散投資」の愚

日本個人投資家協会 理事 木村 喜由 <2015年5月号> 昨年12月以来のマーケットは、原

記事を読む

消えた裁定買い残の謎
下値リスク減と捉えるのは早計

 日本個人投資家協会 理事 木村 喜由  年内利上げ開始の方向もペースは遅い 注目された17

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「さらば愛しき女よ」と大予想を的中させたスーパーマンの紹介。日銀ETFと国民の大儲け。そして近く発生する大暴騰。そして近く発生する大暴騰。(第1148回)

そして近く発生する大暴騰 7月24日に愛妻 扶美子を失って4ヶ月。  夜寝る時に「夢で

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

映画「日本で一番悪い奴ら」と日本の進路のプラン

2016・7・10 北海道警察で日本警察史上最悪の事件を起こした悪徳警官を描いた実話映画。ヒッ

記事を読む

木村喜由のマーケット通信
日経225高値更新も割高銘柄多
見かけは裁定残減少でもポジション増加

 日本個人投資家協会 理事 木村 喜由 ドル円も企業収益も上向きならば企業価値も上向きであり、株価

記事を読む

PAGE TOP ↑