三谷幸喜「鎌倉殿の13人」と円安。私の日経平均4万円説(第1115回)

当代きっての才人の三谷幸喜さんの作品なので、最初の放映からずっと観ている。

木曾義仲の没落と死。源義経の腰越止めまで観て、国家の盛衰と似ているな、と感じた。

企業の力(収益)と国力との相関関係も私が従来から力説している。その企業収益が今後、もっと上昇する。

円安のおかげである。

文藝春秋6月号に「ミスター円」と異名をとった元財務官の榊原英資さんのコメントが載っている。

「今年の年末から来年初めにかけて、140円から150円までの円安」という市場の見方に対し、同氏は、賛成している。

同氏は黒田日銀総裁の来年4月8日の任期満了まで、円安基調はかわらない、としている。

「悪い円安」論者はガックリするだろうが、私はもともと「円安で儲かる人が増えれば『良い円安』に変る」と言う論者だ。

また6月からインバウンド観光が開始さので、まあ、いつも通り、私の勝ちだろう。

チャートに示した通り、ドル円は米国の長期金利高と連動している。

グラフ, ヒストグラム

自動的に生成された説明

出所:ニッセイ基礎研究所 上席エコノミスト 上野剛志氏

米FRBは、あと2回、0.5%ずつ公的金利を上げる。米10年もの国債金利は、現在の3%から4%に上昇するだろう。

一方日銀は公定歩合を引き上げられないから、前述の通りの上限150円迄の円安は必至、といっても過言ではない。

「円安は株高につながる」と私は繰り返して主張してきた。

私のこのブログの読者ならご存知の通りだ。

NYダウやNASDAQが大幅な下げを演じても、東京株式市場は翌朝の寄り付きは安くても、小幅安に止まるか、あるいは上昇している。

理由はカンタン。株価の中心、企業収益が円安で上昇するからだ。

円レートで10円の円安は、上場企業の経常収益を5%押し上げる。

一方、企業は1ドル111円で経営計画を立てている。従って1ドル150円だと、40円の円安。20%の経常増益となる。

2021年度の日経平均の1株当り利益は10.4%増の2309円。コスト高もあるし、最終純益を少し割引いて15%としても、1株当り2600円近辺がPER13倍としても3万3800円。PER14倍で3万5000円となる。4万円は誰の目にも見える。

日銀の持ち株は、大和証券理事の木野内栄治さんのプランでは、従業員持ち株会の利用で、解決できる。市場の6割を占める外人投資家が

この数週間大幅に買い越しているのは、案外ここいらが背景かも。

オマケ。

対コロナ対策がうまく行っているわが国に対し、中国、韓国などは完全に失敗。中国の人民元が暴落している。チャートで示した通り。私に云わせれば、ザマミロ。

グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

出所:三菱UFJモルガンスタンレー証券 植野大作氏

終りに、源義経の名言でシメる。

人よりも100倍臆病ならば、100倍、勇気を奮い立たせれば良い。

勝つという事は、味方に勝つということ。味方に勝つということは、我に勝つということ。我に勝つという事は、気(力)をもって、体に勝つという事だ。

88歳の私としては、後の方が身に沁みる。

関連記事

岡部陽二が新著を発刊

著者によれば、本書「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる」の印刷版はごく少数部に留め、基本的に

記事を読む

「株式上場詐欺」には重罪を

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 新規株式上場(IPO)が復調し、1~6月で43社が新規に上場

記事を読む

投資の羅針盤
NISA開始から1年を迎えて提言
恒久税制化と限度額引き上げは必須

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二 昨年1月に鳴物入りで発足したNISA(少額投資非課税制度)。

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

レーニンの封印列車と、習近平中国国家主席の台湾進攻の時期(第1097回)

 このブログの読者の皆様は、レーニンなんて名前を聞いたことがないという 向きもあるかもしれな

記事を読む

今井澈のシネマノミクス

ロバート・B・パーカー「失投」とトランプ氏最後の賭けの失敗と私が2021年で儲けなければ一生ダメ、という理由 (第1042回)

 もう85歳で体力がないので、往年の思い出だが、30年代後半~50代まで、私は月に40冊の本を読ん

記事を読む

PAGE TOP ↑