「 有料記事 」 一覧

幸田昌則の不動産耳より情報<2021年3月号>

ここだけ読んでも役に立つ 今月のポイント 1.低価格帯の戸建ての需要が高まり、住宅用地の品薄感が強まっている。 2.首都圏では、都心まで1時間ぐらいのリゾート物件がよく売れている。 3.家計の金融資産、中でも現金・預金が積み上がっており、一部が株や不動産へ。 最近の話題 コロナ禍で景気の悪化が進行し、休業や廃業が増加傾向にあるという。 「第3次産業の活動指数」なるもの

続きを見る

日経225が抱えるこれだけの問題点

代表的インデックスとしてもはや失格、日銀の出口問題も浮上 前回日経225の3万円回復について書いたが、18日は全般軟調の中、ユニクロ1社だけで169円引き上げるという異常事態となった。出来高はわずか80万株、しかし売買代金はほぼ900億円でSGBに次ぐ第2位。1銘柄でインデックス寄与度は全体の8分の1以上を占めており、その価格変動に特異性を踏まえると日経225は半分クニクロ指

続きを見る

値がさ225保有者以外感慨の薄い3万円台乗せ

品薄銘柄を集中攻撃して先物で儲けるヘッジファンド 日経225が3万円大台を回復したが、筆者のように構成銘柄を変化を細かくチェックしてきた者にはさほどの感慨はない。値がさ225銘柄を持っていない大多数の国内投資家にとっては、メディアが大騒ぎするほど自分の保有株が上がっていないので、自分の投資手腕が下手くそなんじゃないかと突かれているような気がして不快ではないか。 直近安値

続きを見る

急速に二極化が進む電気自動車の世界

中国で45万円のEVが登場、一気にトップシェア奪う 今年の電気自動車(EV)市場は非常に賑やかになるだろう。その立役者はテスラではない。GM傘下の上汽通用五菱汽車が9月に売り出した「宏光ミニ」である。航続距離は100キロと短いが、エアコンなしのモデルが約45万円、エアコン付きでも60万円ほどでふた昔前の日本の軽トラックの値段で買える。ただ安いだけのEVなら前からあったが、宏光

続きを見る

現金からの逃避が鮮明、狂騒が深まる

米国でボロ株人気、若い個人投資家が群がる 前回、大相場のクライマックスに接近しているが熱狂、狂騒というには今一つ過熱感が足りないので、天井はもう少し後かもしれないと書いた。その後米国ではネット上の株式掲示板に、ゲームストップなどのヘッジファンドによるカラ売り残の多い銘柄に対し、買い煽りに参加するような呼びかけがあり、多数の個人が応じて急騰し、売り方が巨額の損失を被るという事件が起きた。ゲーム

続きを見る

10-12月業績は大多数が好調、1-3月さらに上振れも

米英の新規感染が急減中、3月は行動制限解除が世界的に広がろう ニューヨーク市は12日からレストラン屋内飲食を解禁し、興行ビジネス復興に向けて300か所でアートイベントを開催する。ブロードウェイの劇場は5月末まで閉鎖となっているが、一部前倒し再開の可能性が出てきた。全米の新型コロナ新規感染者は7日平均で1月中旬の26万人から11万人に急減、足元では9万人と減少トレンドは鮮明だ。

続きを見る

これは戦争特需相場、コロナが終われば厳しい反動不況に

抗体陽性者が少なくても心配無用、自然免疫によるウイルス撃退が多いだけ 週末に厚労省が12月中に1万5千人に実施した新型コロナの抗体検査の結果が報じられた。東京が0.91%、大阪・愛知が0.5%台、福岡・宮城は0.2%以下と出た。この数字は感染症専門家に驚きをもって迎えられた。海外の事例からは抗体検査で保有が確認された=すでに感染していた人数は、PCRなどでの確認陽性者の5倍前

続きを見る

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑