「 全ての記事 」 一覧

映画「リボルバー・リリー」とNYの「ドカ」、日本株の割安性と底値、目標(目先の)高値

映画「リボルバー・リリー」とNYの「ドカ」、日本株の割安性と底値、目標(目先の)高値 2023・8・27(第1187回) 出所:映画パンフレットより  初めに先週の休刊についてお詫びを申し上げる。何カ月か前にサントリーホールでころんで頭を打った。頭ガイ骨と脳の間に血が溜まった。8月16日にプールの開場を待っているうちに気を失って、救急車で病院に担ぎ込まれた。  頭

続きを見る

世界の金融は総引締め模様、中国経済急降下へ

世界の金融は総引締め模様、中国経済急降下へ 植田日銀は黒田超緩和からの軟着陸模索へ 前回、日銀が7月会合でYCCを修正、10年債変動上限を1.0%に上げるだろうと書いたが正解だった。植田総裁は今の資産規模が膨張しすぎだと考えている。前の政策では10年債が0.5%になると無制限に買い付ける義務が生じる。こんな事態はぜひとも回避したいので、トリガー水準を1.0%に引き上げたのだ。 し

続きを見る

映画「KINGDOMキングダム 運命の炎」と北京の大洪水の人災、人口の少子化、老齢化、そして銘柄

映画「KINGDOMキングダム 運命の炎」と北京の大洪水の人災、人口の少子化、老齢化、そして銘柄 2023・8・13(第1186回)  何しろ原作は9900万部を売り、今回の映画も大ヒット。たしかに面白い。  何しろ7国が乱立している中国を統一した秦の始皇帝の若い時代から統一まで(と思っているのだが)を画くのだから大変な大作。  見せ場は2回。隣国の趙に人質として出されて

続きを見る

映画「ミッション・インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」と米国国債格下げショック

映画「ミッション・インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」と米国国債格下げショック 2023・8・5(第1185回) 出所:映画パンフレットより  画期的なステルス技術を持った原子力潜水艦が沈没した。その技術が敵に渡るのを阻止するため、イーサン・ハント(トム・クルーズ)は旧知の仲間たちを呼び寄せ追跡を開始する。  秘密を握る十字鍵をいくつかの勢力が追い

続きを見る

FXは浮動する!【Youtube 木村喜由のFX解説】

2023年8月3日にジャイコミチャンネルにアップした動画の案内です。 https://www.youtube.com/watch?v=UtV7UY_3PLY

続きを見る

個人投資家が信頼できる資産運用業への改革を急げ

岸田政権は資産所得倍増プランを掲げ、2023年度の「骨太の方針」で、「資産運用立国」を目指すと宣言した。しばらく前から「貿易立国」から「投資立国」へという掛け声が専門家の間からは上がっていたが、現政権は「資産運用立国」という言葉に落とし込んだようだ。この中で、日本独特のビジネス慣行を是正し、新規参入の支援で競争を促す方針を示している。 金融庁はこの政策に重点的に取り組むべく、企画市場局の中に

続きを見る

基本の話by前田昌孝(第19回、金利上昇と株式相場)

<日銀が金融政策を変更> 日銀が7月28日、金融政策の変更を発表しました。これまで10年物国債の利回り変動幅の上限をプラス0・5%に置いていましたが、上限超えを許容し、市場から国債を買い入れる指値オペの水準を1・0%にするという内容です。この決定を受け、国債の利回りは短期から超長期まで一様に上昇しました。株式相場にはどんな影響が考えられるのでしょうか。 国債の残存年数を横軸に取り、利

続きを見る

PAGE TOP ↑