「 マーケットEye 」 一覧

米国株の値下がり加速、日米景況に格差

米国は12月までに1.25%追加利上げ、FRBは景気抑制を優先   このレポートは米CPI直後の発行になることが多いが、先月も似たような展開だった。CPIの結果が予想より高かったため米国株は発表前後まで大きく下落するが、発表以後は、当面の悪材料出尽くしと、それまでの下げ過程で積み上がっていた売りポジションを狙った投機筋の大量買いで、急反発している。しかしこの戻りは一過性であり

続きを見る

年末に向け日本だけ景況感改善へ、人手不足深刻に

コロナ制限緩和に加え旅行支援で消費が活発化、クルマも半導体不足緩和   日本人には、何事につけリスクに過敏で過剰対応をしたがる人が多い。その行動も度外れており、彼らが嫌悪する行動を行った個人や企業に対し、暴言、暴行を行ったりSNS等で非難の拡散を行ったり、自治体や政治家に強硬な制限を求めるよう働きかけることも頻繁に行われている。   確かに、彼らの恐れる

続きを見る

アガサ・クリスティー「ナイル殺人事件」と2023年の日本が明るい理由。私が注目する政府純債務がコロナ前より減少した事実。私の入院(第1137回)

何しろ今年は、アガサ・クリスティー生誕130年、名探偵エルキュール・ポアロも生誕100年。全世界で20億冊以上販売した女王が、「私が一番好きなポアロもの」と云った作品だ。 ケネス・プラナーの監督・主演で映画化された。推理もののルールとして、ストーリーと結末は省略する。もう地方でしか上映していないだろうが、いずれDVDも出るだろう。 今回私が注目しているのは、第一生命経済研究所

続きを見る

ドストエフスキー「罪と罰」とロシアへの制裁の現状と、見直し。日本株の今後(第1136回)

今回は題とロシアが舞台、ということだけでつけた。他意はない。 10月5日、ミハイル・ガルージン ロシア駐日大使の講演を聞いた。自分たちは悪くないの一点張りで、正直云って半分は寝ていた。 鈴木宗男参議院議員が一生懸命ロシアの弁護をしていた。 私は昔のソ連時代を取り戻すためのプーチンの夢想による戦争、とウクライナ侵攻を見ている。 私はロシア経済が悪化して当然、と考えて

続きを見る

米国のリバウンド、今回は短命か

ショートスクイズを盛大にやっただけ、すぐ売り直される公算大   記録的に悪かった7-9月期が終わって最初の2日、米国株は主要3指数がいずれも5.6%前後の急反発。きっかけは景気見通しの悪化である。3日はISM製造業指数が50に接近、4日はJOLT指数(日本の求人倍率に相当)が2倍から1.7倍に低下した。超を3つ重ねるぐらい気の早い向きが、これを材料に利上げ局面は間もなく終わる

続きを見る

米国株は年末までさらに10%下落へ

FRBが1%以上追加利上げするなら、計算上そうなる   TIGERの年の75%が終わった。昨年末からの下落率は米国ダウ20.95%、SP500が24.77%、NASDAQ32.40%。一方日経225は9.92%、TOPIX7.85%。この間、ドル円は115.10円から144.74円へ25.75%も上昇している。ドル建てだとTOPIXは26.72%の下落で、SP500と似たり寄

続きを見る

ここから1年間、米国株式の底入れ模索の時期

苦し紛れの「国葬儀」も、終わればひとまず岸田リバウンドへ   手元の辞典類を探したが国葬儀という言葉は載っていない。吉田茂の時は武道館に「故吉田茂国葬儀」の看板があったというが、儀というのは式典全般に使う言葉。国葬の定義は、国家に多大な貢献をした人物の死去に対する国全体としての儀式であり、安倍さんは国民の半数以上が反対しているので国葬には不適当だ。早々と「国葬」と決めてしまっ

続きを見る

PAGE TOP ↑