「 マーケットEye 」 一覧

【初・中級者向き】映画「イコライザー2」とトランプと中間選挙(第928回)

2018・10・8  「イコライザー」とは「悪党の非道に苦しむ人々を救うため、人知れず制裁する正義の処刑人」だ。デンゼル・ワシントン主演ものは、ハズレがないので、ロードショ―初日に待ちかねて観た。はたせるかな満員。出来もよかった。  今回の主役マッコールの表の職業はタクシー運転手だが、CIA時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害されてしまう。独自に捜査を開始したマッコールは、スーザ

続きを見る

【上級者向き】米国10年債が大崩れ、ドル円の上昇傾向はほぼ固まった

債券強気筋がついに諦める、次は米国の財政悪化に焦点 株式投資専門の投資家は世間一般の人よりはずいぶん物知りで、こまごまとした物にも知識があるが、視点の広がりや深さ、論理性という点では債券投資家に一歩劣る。それは当然で、個人で債券投資専門という人はほとんどおらず、大抵は大手金融機関や機関投資家に所属しているプロであり、入手する情報や知識のレベルも高いからである。 しかし昨年2月以降の米国債の

続きを見る

【上級者向き】露骨なマニピュレーションでNT倍率が再上昇

オーバーシュートと急反落に注意 本日より名実ともに年度下期に入ったが、225の上げはとどまるところを知らず、 本日高値は24306円に。一方TOPIXは小幅高で、NT倍率は再び13.337倍に拡大して いる。NT倍率の急上昇は8月1日からで、筆者は225買い・TOPIX売りで仕掛けたヘ ッジファンド筋は9月SQ決済でいったん利益確定し、その後NT倍率を下に振るかと 見ていたが、9月25日

続きを見る

【初・中級者向き】映画「クワイエット・プレイス」と私のストラテジスト評価

2018・9・30 すごいホラー映画を観た。題名の「静かな場所」は、人類の大半が死滅した近未来の世界。盲目で音に敏感に反応して生き物を襲う未知の宇宙からの怪物が、アッという間に文明社会を崩壊させた。遠くの音でも聞きつけ速くて抵抗不能。銃も使えず(撃鉄を起こす音で襲われる)ひたすら音を出さない工夫をしなければならない。 主人公夫婦は聴覚障害の10代の長女、10歳の長男、5歳の次男の5人暮

続きを見る

【上級者向き】上げの内容は芳しくない、大商いあれば一部利益確定を

再び過熱しているヘッジファンドのNT倍率ロング 本日で9月中間期末の取引が終了。TOPIXは1817.25で3月末の1716.30から5.89%高、この他に1%余りの配当があるから実質7%余りのプラスだった。一方225は21454円から1月高値にほぼ並ぶ24120円まで12.43%高、これに配当が1%弱あるから13.3%のプラス。両者のパフォーマンスに6%以上の差が開いたのは、日銀によるEFT買

続きを見る

【上級者向き】日本株のロングマーチ進行中

長期目標はTOPIX2200、ただし途中一回は大きな調整覚悟 26日は個人投資家協会の定例セミナー・株式講座でゲスト講師はマネックス証券の広木隆氏である。若干見方は違うが私も前座で話す。折角だから景気のよい話をしようというので選んだタイトルが今回の表題である。実は最初パレードという言葉を考えたのだが、式典とか祝賀の際に使う意味合いが強く、今の水準で日本株にこの言葉を使うのはいささか時期尚早。いよ

続きを見る

【初・中級者向き】「マイ・フェア・レディ」とトランプとキッシンジャーと米中戦争(第926回)

2018.9.24 いまシアター・オーブで上演されている「マイ・フェア・レディを観た。私は1963年の江利チエミのイライザ、高島忠夫のヒギンズ教授。1981年NYブロードウエイのナンシー・リンガムと何とレックス・ハリスン。そして今回の神田沙也加、別所哲也で三回。今回のが一番素晴らしく、台本、演出、舞台装置そして群舞、皆よかった。凄いのはイライザのコックニー(ロンドンの方言)を江戸弁それも下町

続きを見る

ジャイコミメンバーの特典


メンバー登録はこちら

資産形成、長期の資産運用に役立つ、
プロの投資家による投資情報を配信!

投資家・経営者・業界のプロも必読

ジャイコミをフォローしよう


 

NPOによる投資に役立つ情報メディア
『中立な情報を全ての個人投資家の為に』
  • より賢く、豊かで自立した投資家を育てる

    by NPO日本個人投資家協会
PAGE TOP ↑